愛情注ぐ理由はいらない

辛い日々の先にほら 待ちに待った夢と会った

ようやくテレビとレコーダーを買ったよ!という報告

レコーダーが壊れたの何年前だ!?と思ったら約1年前の話なんですね。あれ以降私はレコーダー代を貯金してはコンサートで散財し…という生活を送っていたのですがこのままでは何年経っても目標を達成できない、ということでこの春にめちゃくちゃ労働してなんとか資金が貯まったのでようやく買いました、テレビとレコーダー。前回データが飛んで以降は頻繁に編集、ダビングしたりしていて別に新しいものを買う必要はないんじゃないか、と思っていたのですがやはり年末年始や夏の特番シーズンを乗り切るのが大変なこと、長時間番組を編集しようとするとフリーズすることなどPC付属のレコーダーでは不安を覚える部分もあったので、思い切って買ってきました。4月に入って決算セール終わったしもう高くなっちゃったかな…と思ったらまだヤ〇ダが決算セールやってて滑り込みでかなり安く買えました!

で、買ったのがこちらの商品です。

 

 

 

 

これと周辺機器(ケーブル)を買って合計でギリ10万円切るぐらいでした。安すぎる。なんか行った時期とか時間帯が良かったみたいで買ってくれるだけで有難いみたいなことを言われましたので家電を買う際は平日夕方以降がおすすめです。

今回の買い物にあたって私が重視した点はこちら。

レコーダー

・3番組同時録画可能

・容量は2TB

スマホとの連携機能

・編集しやすい

・早見再生の速度

 

レコーダーに対する知識があるわけでもないのでとりあえずジャニオタとして最低限必要そうなものだけ考えておきました。早見再生の速度というのは、今使っているレコーダーが1.2倍と1.5倍の2種類の速さで早見再生ができて普段はドラマは1.2倍バラエティは1.5倍で視聴しているのでそれに近いものがいいな…と考えていました。購入したレコーダーは残念ながら1種類のみでしたが中間の1.3倍の速さだったので特に気になることはないです。容量は1TBと2TBでかなり悩みました。今の自分の録画数から考えると2TBも必要ないのではないかという思いはあったのですが、この先いつ自分がスポーツ選手にハマってオリンピックをDRで全録りしだすか分からない…と思い直し、2TBの方にしました。テレビは正直なんでも良かったので、店員さんにも「テレビはなんでもいいのでレコーダーだけちょっと良いやつが欲しいです!」とお伝えしました。予算の都合でもともとパナはあまり考えていなくて、SONY東芝で検討していたのですが、最終的にはスマホの連携機能と画質の綺麗さでSONYを選びました。東芝のテレビも画質が悪いというわけではないのですが、SONYの方が色が鮮明に映り、ライブ映像を見るならこちらの方が適していそうだな、と思ったのが決め手です。 

 

・現在の自分の録画環境

録画環境が一新したので、改めて自分の録画環境について書き直します。

メイン機:SONY BDZ-ZT2000(2TB)

サブ機:東芝 DBR-Z150(500GB)

サブ機その2:DigitalTVbox(PC内蔵、容量よくわかんないけどHSで127時間録れる)

サブ機その3:Panasonic TZ-HDW610F(500GB)

うちはイッツコムなのでサブ3のレコーダーでしかBSCSを録れないため少クラとまいジャニだけはサブ機に任せる形になりますがそれ以外は新しく導入したメイン機で賄えそうです。今までは編集のしやすさからサブ2のDigitalTVboxをメインに使っていたので、久々のレコーダーでの編集に慣れるまで時間がかかりそうですが頑張ります…。

 

 

録画番組

ZIP!

めざましテレビ

・PON

・ヒルナンデス!

キスマイBUSAIKU!?

月曜から夜ふかし

よしもと新喜劇

・リトルトーキョーライフ

・いただきハイジャンプ

VS嵐

・櫻井有吉アブナイ夜会

・ザ少年倶楽部/少年倶楽部プレミアム

ミュージックステーション

・NEWSな2人

関ジャニ∞クロニクル

炎の体育会TV

嵐にしやがれ

・ABChanZoo

・真夜中のプリンス

・シューイチ

・スクール革命

・まいど!ジャ〜ニ〜

・ニノさん

KinKi Kidsのブンブブーン

相葉マナブ

・関ジャム 完全燃焼SHOW

これに加え今季はドラマを4本(『マッサージ探偵ジョー』『ボク、運命の人です。』『母になる』『貴族探偵』)とアニメを4本(進撃2期、スタミュ2期、シンデレラガールズ劇場、夏目6期))録画しています。ジャニーズに紛れてよしもと新喜劇を録画してあるのは関西人の性です。あまり知られていないのですがTOKYOMXで火曜の深夜からやっているので興味のある方、関西から越してきてホームシックになっている方などは是非ご覧ください!!(突然のダイマ)

そして以下の単語でキーワード登録しています。

櫻井翔

相葉雅紀

二宮和也

大野智

松本潤

KAT-TUN

上田竜也

・中丸雄一

亀梨和也

赤西仁

手越祐也

加藤シゲアキ

横尾渉

戸塚祥太

・Hey!Say!JUMP

・薮宏太

Sexy Zone

菊池風磨

松島聡

鮎川太陽

山下翔央

・ジャニーズJr.

・関西ジャニーズJr.

アイドルマスター

 

多い!めっちゃ多い!!正直山下翔央ってキーワード登録する意味ある?って思うんですけどもしかしたら里見八犬伝百識王が再放送されるかもしれないし…という淡い希望を抱いて登録しました。まぁ東芝のサブ機に至っては2017年の今現在もYa-Ya-yahキーワード登録されているし細かいことはいいんだよ(雑)ちなみに画質は基本的にはHSでキーワードのアイドルマスター上田竜也はHX、MステはDRで録画をしています。ちなみにキーワード登録している単語は完全一致でなくても拾ってしまうらしく、気が付いたらNHK高校講座生物が毎週録画されている*1ので余計な録画を増やしたくない方は最低限に絞った方が良いかもしれません。

これだけ大量に録画していますがWSはあまり見ないし(Twitterで騒ぎになっていたら家に帰って確認する程度)バラエティも見ずに消すものもいくつかあります。あと基本的に全部早見再生でサクサク消化していくのであまり貯めこんでいない方だとは思います。ドラマやアニメは溜めこんで一気に見るタイプなのでそこだけ直していきたいです…。

 

・実際にレコーダーを使ってみて

録画環境が整ってから数週間ほど運用してみたのでその感想も書いていきたいと思います。今まではジャニーズはPCのレコーダー、アニメは東芝のレコーダーで録画をしていたのですがそれを一本化してかつWS等も撮り始めたことで圧倒的に録画の量が増えました。1週間で約0.1TBを消費しているようなので2TBのレコーダーと言えど気を抜かずにこまめに編集していく必要がありそうです。テレビの決め手となった画質についてですが、普通にテレビ番組を見ていて感動するほど画質が綺麗、という感じはしませんでした。ただしコンサートDVDやPVでは確かに今までの再生環境*2よりはかなり綺麗に感じました。画質の良いテレビがあると画質の良い映像が見たくなる!ということで今、私のアマゾンのカートにはサマパラ2016のブルーレイが入っています。近いうちに買おうと思います。*3

録画編集に関しては思っていたほど面倒ではなく、割とサクサク編集できます。買ってから気づいたのですがどうやらSONYのレコーダーはフレーム単位での編集はできないいらしく最小単位は0.1秒のようですが、ざっくり編集する分には特に問題なさそうです。このレコーダーは最初からCM部分でチャプターが区切られてるのでCMカットだけならすぐです。

そして今回1番楽しみにしていたスマホでの操作ですがこれが凄い!スマホとレコーダーが連携できるようになってしばらく経つのでみなさんはもうご存知かもしれませんが、せいぜいW録の機能しかなかったレコーダーから最新レコーダーに乗り換えたので最初は衝撃でした。

レコーダーとスマホを連動させるためにはまず、SONYのレコーダー専用のアプリをDLします。

 

 

リモコン&テレビ番組表: Video & TV SideView by ソニー

リモコン&テレビ番組表: Video & TV SideView by ソニー

  • Sony Network Communications Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料

 

このアプリを入れたスマホとレコーダーを同じWi-Fiに繋ぐことでスマホとレコーダーが連動するようになり、スマホから番組の録画、放送中の番組の視聴、録画番組の視聴、削除、スマホへの転送、そしてスマホのリモコン化ができるようになります。*4このアプリは一部有料で、600円課金すると上記の機能がすべて使えるのですが無料の状態でも番組の録画はできるようです。*5これにより、外出先から録画番組の削除を行えるのでWS削除し忘れて一週間分溜まってるけど何日の放送が必要で何日の放送がいらないのか分からない!みたいな事態が防げるようになりました。また、これらの操作は一部を除きレコーダーが稼働中でも行えるので、〇分後に始まる番組録画し忘れてたけど再生中のライブDVDは止めたくない!だとか、今すぐ録画を消さなきゃ容量足りないけど今このDVDを止めると死ぬ!(笑)だとかそういう状況でもDVDを再生しながらスマホで録画予約したり削除したりできるので非常に便利です。これだけでもかなり優秀なのですが一番有難いのは転送機能です。予め録画した番組を転送用データに変換し、同じWi-Fi下で転送しておくことで出先からデータ容量を消費することなくスマホで録画番組を視聴できるようになり、通勤通学の暇つぶしに非常に役に立っています。某私鉄で必死で笑いをこらえながら関ジャニ∞クロニクルを見ている怪しいキモオタがいたらそれは私です。

  

ひとまず自室にテレビとレコーダーを置くことができたので今までより快適なジャニオタライフが送れるようになりました。快適すぎて正直部屋から出たくないです(笑)次の課題として、今の環境だと少クラのダビングがめっちゃ面倒なので、イッツコムの契約を見直すかBSアンテナを取り付けるかしたいのですが家主(父)に話を通すのがかなり難航しそう…。また1年後にBSがダビングできるようになったという記事を書きたいです。

 

 

*1:どうやら出演されている先生が大野智〇というお名前でそれに引っかかっているらしい

*2:東芝のテレビと富士通のPC

*3:追記:これを書いた2週間後、セクゾコンの余韻から抜け出せずにサマパラをポチりました。最近は毎朝見ています

*4:ただし録画番組の転送とリモコンとしての操作はレコーダーとスマホが同じWi-Fiに繋がっていないと駄目です

*5:ダウンロードして即課金したのでこの辺が少しあやふやです、申し訳ありません

舞台の特別席特典がサンドイッチだった。

久しぶりの記事がジャニーズと全く関係なくて申し訳ないのだがちょっと聞いてほしい。

 

舞台の特別席(最前列席&プレゼント付)のチケットを買ったらなんとそのプレゼントがサンドイッチだった。

  

いや私は舞台通じゃないし時々2.5の舞台を見に行く程度の茶の間なので、一般的な舞台の特別席におけるプレゼントがどういったものなのかは分からない。2.5ならだいたいブロマイドとかプリクラ風のシールとかパンフレットが一般的なのか?サンドイッチが特典と知った時衝撃的すぎて思わず「舞台 プレミアム 特典」で検索かけたけどそんな感じのラインナップだった。そういえばあ⚫︎ステの特典は金平糖だっけ。金平糖の方が日持ちする分まだ良さそうだがどっちがお腹に溜まるかと言われればサンドイッチだね(?)*12.5じゃない舞台はそもそも特典があるものをあまり聞かないので分からないが、少なくともサンドイッチではないことを願う。もしこれが舞台通にとっては当たり前だというのなら私は一生舞台通にはなれない。滝沢歌舞伎の桟敷席+お弁当セットのようなものなのかな…とも思ったが残念ながら今回の会場は新橋演舞場のような立派な劇場ではなくGoogle先生ですら座席表を見つけられないレベルの下北沢の小劇場だし、私が座るのは桟敷席ではなくただのパイプ椅子が並べられただけの最前列だ。*2そもそもお弁当を食べるような幕間もない。あれか、推しに貢ぎすぎて明日のご飯に困っているであろう若手俳優オタクへの製作からの配慮か。お気遣いは有難いが私は超が付くほどの茶の間なので明日のご飯も買えないほど貢いだりしないし、そもそも実家暮らしなので家に帰れば世界一美味しいお母さんのご飯が出てくる。心配ご無用だ。舞台のHPにご丁寧にアレルギー成分の含まれる食材を書いてあったのはまだ救いだが、そこじゃないと言いたい。何故舞台の特典にサンドイッチを付けようと思ったんだ。この辺から私の頭も少しおかしくなってきて、生ものは怖いからせめてホットサンドにしてほしかった、などと思い始めてきたが今冷静に考えるとやはりそういう問題ではない。この時点では私は把握していなかったのだがこの舞台はやたらサンドイッチを推しているらしく、Twitterに出演者がサンドイッチを試食してる動画を載せたり*3ニコ生で出演者がサンドイッチを作ったり、Twitterを見たところ招待の演者さんにまでサンドイッチを配っていたようだ。ストーリー自体もやたらとサンドイッチが強調されていたしカテコでもサンドイッチの宣伝が2回ほど挟まれた。何故そこまでサンドイッチ推しなのか、スポンサーがパン会社か何かなのか、など色々考えたが謎は深まるばかりだ。

 などなど散々書いたが、ぶっちゃけ舞台の特典なんて受け取らなければいい話だ。私もそのつもりでいたのだがもうここまで来たら乗ったれ!という半ばヤケな思いと、サンドイッチゴリ押し舞台なだけあって見終わる頃にはなんとなくサンドイッチが食べたい気分になっていたので、ちゃっかり引き換えてもらった。引き換えの際に受付のお姉さんが手にしていた表をちらっと見たところ、どうやら特別席を買った人のほとんどが引き換えをしているようだった。全通してる人とかどうしてるんだろう。この舞台を特別席で複数回観劇した人がいれば是非教えてほしい。サンドイッチを受け取る際に「本日中にお召し上がりください」と言われたがその時点で今日は残り3時間だった。3時間以内にサンドイッチを食べろというのか。しかし受付のお姉さんにそんなこと言われてもどうにもならない。この時点で受け取ったことを後悔したが、一度受け取ってしまった以上突き返す訳にもいかない。なにより私もいい年なので「本日中にお召し上がりください」がぶっちゃけ明後日ぐらいまで持つことぐらい知っている。*4が、それと同時に消費期限が今日のものをその日の21時に渡すことが非常識であることも知っている。夜公演があるのは最初から分かりきっていただろうに尚更なぜサンドイッチを特典につけたのか疑問に思う。

とにかく受け取ってしまったので、あとは食べるしかあるまい。というわけでこうしてこのブログを書いているPCの真横にサンドイッチがおかれている。せっかくなので写真を撮ってみた。横に置いてある半券と比べるとそのボリューミーさが伝わってくると思う。多少ぐちゃっとしてしまっているのが申し訳ないが、これでも退勤ラッシュで潰されないよう最大限に配慮して持って帰ったので許してほしい。

f:id:trprmint0104:20170331115246j:image

 

ここまで書いたら味の感想も書くべきかと思ったけど、私は味音痴なので食レポなど書けないし、それ以前に消費期限が切れたものを食べているので味も何もないだろう、と思ったので書かないことにした。味とは関係ないが量に関しては2切れ食べただけでお腹いっぱいになってしまったのでもうちょっと少なくしてほしかった。

 

こうして色々書いてきたが何が言いたいかというと、奇をてらって特別席の特典にサンドイッチなどつけようものならこうして場末のブログで言いたい放題書かれかねないし、どうしてもサンドイッチと絡めたいならサンドイッチのイラストのアクリルキーホルダーとかにした方がいいよ、ということだ。

 

次見に行く舞台は新世界ロマンスオーケストラですが、サンドイッチが関係なさそうなのでとても楽しみです。

*1:そもそも舞台の特典を腹に溜まるかどうかで考えたくない

*2:申し訳程度にうっすい座布団が敷かれてあったがめちゃくちゃ尻が痛かった

*3:サンドイッチを食べている推しは可愛かった

*4:そもそも私はめちゃめちゃ胃が強いので消費期限が切れることなど大した問題ではない

心だけで好きになれた最後の夏の続き

2日経って落ち着いてきたので、今の思いを残します。まだ気持ちの整理はついてないのでぐちゃぐちゃな感情のままですが…。

 

ジャニアイのスペシャルゲストで薮くんと光くんが出演した。Hey!Say!JUMPではなくYa-Ya-yahとして、Just wanna lovin'youと愛しのプレイガールを歌ったらしい。初めてそのことを聞いた時は講義中にも関わらず涙が止まらなくなった。2人がこのタイミングでまたYa-Ya-yahを名乗ってくれたこと、2人の中にまだYa-Ya-yahという存在が残っていたこと、当時の曲を歌ってくれたこと、全部嬉しかった。バックがSnowManとSixTONESなのも嬉しかった。どちらもYa-Ya-yahのバックダンサーを経験しているメンバーが多いし、Ya-Ya-yahの衣装を着たことのある子もいる。こじつけかもしれないけれどジャニアイの出演者の中で比較的Ya-Ya-yahと縁のある人達がバックに着いてくれたのは嬉しい。その日が太陽の誕生日の次の日だということ、当時の番組のプロデューサーさんがたまたま観に来てくれていたことに運命的な何かを感じた。

嬉しい気持ちでいっぱいだったのがモヤモヤに変わったのはそれがネットニュースになった辺りからだったと思う。"Ya-Ya-yah復活"というタイトルに違和感を覚えた。帝劇で歌ったのは2人だけで、Ya-Ya-yahが揃ったわけではない。なのに"復活"だなんて言わないでほしい。そんな気持ちが湧いてきた。彼らが歌った2曲についても(特に愛しのプレイガールに関しては)色々と思うことがあった。

Just wanna lovin'youに関してはただただ嬉しかった。この曲は変声期前から歌われていた曲だし、彼らの成長と共にあった曲だから、大人になった2人がまたこうして歌ってくれたのはとても嬉しい。

愛しのプレイガールはJUMPのコンサートでも度々歌われていて、最近ファンになった人には2人で歌っている姿の方が馴染み深いかもしれない。でも、私にとってこの曲の醍醐味はイントロの4人のソロダンスだと思っている。1人ずつソロで踊るシーンで、順番はその時によって違うことが多かったけど最初と最後に抜かれるのは基本的に翔央くんだった。あのイントロだけを何度繰り返して見ただろう。彼のダンスを堪能できる貴重な曲だった。光くんと翔央くんのハモりが綺麗なのも印象深かったので、2人だけで歌っているのを聞くたびに物足りなさを感じていた。ずっとこの曲は4人じゃなきゃ意味がないと考えていたけれど、2人で歌われる機会が増えて諦めてしまっていた。でも、改めて2人で歌われると少し悔しいと感じた。

 

 私は当日帝劇に行けなかったので、生で見ていたらまた感想が変わっていたと思う。でも、現時点では歌ってくれてありがとうという気持ちと、2人だけで復活だなんて言わないで、という気持ちがせめぎあっている。10年間拗らせてきた感情を吹っ切ることもできず、モヤモヤしたままだ。10年も付き合ってきた感情だから今更どうにかしたいとは思わないけれど、周りの人が今回の件でようやく吹っ切れたと言っているのを見て、なんだか置いて行かれたような寂しい気持ちもある。

 

Ya-Ya-yahは人数変動の多かったグループだから何をもって"復活"とするのか、とても難しい。4人が揃っても6人が揃っても復活と思えない人だっているだろう。今回はやぶひかがYa-Ya-yah名義で当時の楽曲を歌ったことで"復活"とされたがゆくゆくは私が望む形の"復活"も見られるのかもしれない。(もっとも私自身どのような形での復活が見たいのかまだ分からないけれど)許されるのなら、その日が来るのを待ちたいと思う。

東京ドームのバルコニー席が快適だった話

まず、明けましておめでとうございます。本年も当ブログをよろしくお願いいたします。

 

というわけで本題、Hey!Say!JUMP 2016-2017 DEAR.にお邪魔してきました!公演の感想は別で書いているのですが、*1今回初めて東京ドームのバルコニー席を体験してきたのでその感想を残しておきます。

1日の夜公演のチケットが届き、座席を確認すると33ゲートの文字。2016年は40ゲートと41ゲートの2種類しか見なかった私としてはようやくスタンド2階から解放された!という喜びでいっぱいだったのですが、そういえば33ゲートがどこなのかはイマイチ分かっていませんでした。10ks!のポスター抽選の時に呼ばれていて、33ゲートは声が小さいみたいな話をしていた記憶はあったのでなんとなく小さいブロックなんだろうなと思っていたのですが具体的にどこなのかは分からず、座席表を確認してようやく分かりました。場所としてはスタンド1階と2階の間の企業の看板の辺り、ボックス席などのある並びになります。調べるとバルコニー席でのライブ参戦記事などもいくつか出てきたので読んでみました。

他の方のバルコニー席の感想をまとめてみると、

・椅子がふかふか

・グッズ列が空いている

・トイレが空いている

・入退場が早い(規制退場がない)

・ロビーのような飲食ができるスペースがある

・客電の落ちるタイミングが他と違う

・人数が少ないので盛り上がりに欠ける

・バルーン演出は見えないらしい

・メインステージが一部見えないらしい

ということで、なんだかデメリットの方が多いのかなーという印象を受けましたが、終演後の今は、超楽しかった!!!また入りたい!!という気持ちです!個人的には良い思い出しかなかったのですが鑑賞スタイルにもよると思うので参考程度に見ていただければ幸いです。

 

今回の私の鑑賞スタイル

・席は33ゲート(三塁側)のバクステ寄りの最前列

・基本的には右手にペンライト左手に双眼鏡。ちなみに双眼鏡はペンタックスの10×21のものです

・いわゆる野鳥の会。自担がモニターに抜かれるタイミング以外は常に双眼鏡

・近くの他メンより遠くの自担派

 ・うちわはメンバーが近くに来れば持つ程度。今回は昼公演がスタンド下段だったため顔うちわのみ持参

・ファンサはもらえなくて平気

・ライブのMCは滅多にメモらない

・振りコピなどはあまりしないし歓声も小さめ

 

昼公演後食料難民になっていたことと、バルコニーでは飲食スペースがあるらしいと聞いていたので早めに入って何か食べようということで開演1時間前に入場。手荷物検査も全く並ばずにすんなり入場できました。 中は劇場のロビーのようになっていて、ソファとテーブルがいくつか置いてありました。売店の真横に小さく物販スペースがあったのですが本当に小さくて2.5次元舞台の物販でももうちょっと大規模だぞ…?というレベル。外の物販では売り切れてなかった薮くんのクリアファイルがここでは売り切れていたので、ここの物販に期待しすぎない方がいいかもしれません。既にグッズは購入済みだったので売店で飲み物とスナックを買って、ロビー(っぽいスペース)で食べながら昼公演の感想を駄弁るという開演前とは思えない緩い時間を過ごしていました。ちなみにトイレですが、他の階の殺人的な混雑に比べるとマシですが普通に混んでいたので余裕を持って行動するのをオススメします!確かに人は少ないのですがそれに比例して個室の数も少ないので要注意です。開演15分前ぐらいになって席へ移動したのですが元々座席数が少なく横に4席しかないため、人の前を通ることもなくスムーズに移動できて快適でした。噂の通り椅子はフカフカでしかも横からドリンクホルダー付きのミニテーブルが出てくるという親切設計!このテーブルがけっこうしっかりしているのでメモ派の方ならかなり重宝すると思います。私自身、当日筆記用具を持ってこなかったことを後悔していました。あと、最前列だけかもしれないのですが手前の壁*2にフックのようなものがついており、荷物をかけることができました。

見晴らしはというとなかなか良好で、心配してたメインステージもかなり見えました。上手側のマンションの一部だけ機材で隠れてしまい*3ケイティが一切見えなかったのは心残りですが、他の部分で見えないものは特になかったと思います。天井が低いのでメインステージの上の方が見えないという話も聞きましたが、私の席からはジャンデリアもしっかり見ることができました。ただし、本当に天井が低いので2列目以降だと前の人の身長やうちわによって見えない可能性はあると思います。今回バルーン演出がなかったのでそこは判別できませんが、DEAR.の演出の中でバルコニーだから見れないものは特になかったです。*4

客電は確かにバルコニー席だけ少し早く落ちましたがバルコニー席の電気が消えて、「お?」と思っていると全体の電気が消えてオープニング映像が流れる、ぐらいの感覚だったのであまり気になりませんでした。

盛り上がりに関しても昼公演の時と同じぐらいに感じました。もっともJUMPのファンが若くてエネルギッシュだからという理由はあるかもしれません。実際、周りの中学生ぐらいの子達がかなり盛り上がってくれたおかげでスタンド席と同じ熱量だったように感じました。あの人数の少なさでしっかりアンコールまで声を出してくれた彼女達には感謝です。

最前列は着席限定という話をどこかで読みましたが、少なくとも今回の公演では立つこともできましたし、通路を挟んで隣の子達は終始立っていました。昼公演で満身創痍だったのと後ろが背の低いお子さんだったので私は座りっぱなしだったのですが、それでも視界に影響は出ませんでした。真下の外周部分もしっかり見えましたし、ちょっと覗き込めば見学で来ていた松島聡くんもバッチリ見えました。何より仮面ペンライト片手にバルコニー席のフカフカの椅子に腰掛けてステージを見下ろしていると本当に仮面舞踏会に来た貴族のような気分になってとても楽しかったです!というか今回の満足感の理由の8割はこれかもしれない笑。使わない時はミニテーブルにペンライトを置けたので身軽に楽しめました。今回の演出ではレーザーや照明がちょうど足元に伸びてきたのでそこにもテンションが上がりました。

実際メンバーはどれぐらい見えるのかと言いますと、裸眼で表情が見えたのは目の前のリフターで上がってきてくれた時とトロッコで真下を通った時だけだったと思います。双眼鏡を使うとメインステージの自分側半分、*5センターステージ、バックステージ、三塁側の外周、花道、トロッコなら表情を確認できました。何よりずっと座っていられたので双眼鏡の重さが苦にならず、しっかり固定できたおかげで手ブレがほとんどなくて3時間双眼鏡を覗きっぱなしでも疲れなかったのが最高でした。カモナのような盛り上がる曲だと床の揺れの影響で視界も揺れてしまいましたがバラードの時は防振かな?というぐらい手ブレ0でしっかり表情を追うことができ、舞台を観劇してるような気分でした。逆サイドの一塁側とメインステージの奥*6は表情が追えなかったのですが、これは双眼鏡のスペックの問題もあると思います。

ちなみに私の周りを見た限りだとファンサを貰ってる子はいなかったようなので、ファンサは期待できません。それと、真上がスタンド2階席なので銀テープは取れません。目の前を落ちていく銀テープを眺めているのはちょっと悔しいですがそんな光景もバルコニー席ならではだと思います。

 

総合的な感想としては、優雅に座りながら自担をじっくり追いたい人や、昼公演ではしゃぎすぎて夜はゆっくり見たい…*7という人、体力に自信がないのでマイペースに楽しみたい人にはかなりオススメできるなと思いました!もっとも座席は運なので自分の意思でどうこうできるものではありませんが、私は次もバルコニーだったら良いなと思えるぐらいには楽しかったです!

 

*1:MCがYa担の私に刺さる内容で大興奮だったことはここにも書き残しておきます

*2:柵と言った方が正しいのでしょうか?

*3:これはバルコニー席だから見えなかったのではなくたまたま入った席の角度の問題だと思います

*4:もっとも、今回私はステージの全体を見る時間がほとんどなかったので見逃しているかもしれませんが

*5:MCの時で言うと下手側3、4人

*6:ウィークエンダーの時のJr.など

*7:そもそもドームで1日2公演やるのってJUMPが初めてらしいのでこのような機会が今後あるのか分かりませんが

2016年総決算

自戒と来年の予算立ての意味を込めて、今年オタク活動に使ったお金をまとめてみました。

【ジャンル別】

ジャニーズ:286,903円

アイドルマスター:223,950円

若手俳優:60,178円

 基本的に支払ったのが年内であれば計算に含めています。例えばクレカで支払って決済が来年になるものは含めてません。逆に予約商品等で内金払い済みのものや来年以降の現場のチケット代で支払い済みのものは計算に含めています。上記3ジャンル以外にもお金は使いましたが細々しているので割愛で。

 アイマス、若手俳優が案外少ないな〜という印象ですが、よくよく考えればアイマスは今年は現場が少なかった*1、若手俳優は8月頃に推し変をしてから宙ぶらりん状態なのでまぁこんなもんでしょう。ジャニーズは月2万強なので、ゆるオタとしてこれぐらいのペースで続けていきたいと考えています。

 

【用途別】

FC会費:20,936円

嵐とKAT-TUNの年会費(4000円×2)+新しくJUMPの名義を作った(5000円)のと振込手数料(80円×2)、D-BOYSのモバイルファンクラブとジャニーズWebの利用料(324円×12ヶ月×2)もここに含めています。嵐のFCはライブ会場で更新したため手数料がかかっていません。D-BOYSは解約した気でいたのでまだ入ってたことに驚きです。推し変もしたことですし解約してきます。

 チケット:150,600円(送料、手数料除く)

今年はLV含め28現場でそのうち半分近くがLVだったこと、定価以下だったりチケット代はいいから!と言われて友人に連れて行ってもらったりした*2現場がいくつかあったなどもあり、かなりお得に仕上がりました。現地も楽しいですが、座って楽しめるLVも結構好きなので手軽さも相まってついつい通ってしまいます。今年は10月が現場ラッシュだったのですが、仮面舞踏会に招待された(DEAR.)翌週にお城でのパーティーに参加した(シンデレラ4th)のがとても楽しかったです!

 チケット手数料 :23,439円

流石にイープラスとコンサート事務局に手数料払いすぎじゃない…?と気になったのと、最近のチケット手数料高すぎ問題の可視化に繋がると思い計上してみました。返金手数料もここに含めています。ちなみに今年手数料を納めたのはジャニーズコンサート事務局、イープラス、ローチケ、CNプレイガイドの4社になります。
括弧内の公演数が今年の現場総数とズレますが、足りない分はチケット代の欄でも表記したように定価以下だったものや、譲っていただいた際にチケット代をおまけしていただいたものになります。

コンサート事務局:7,880円(申し込み12公演、当選7公演)

イープラス:9,882円(12公演)

ローチケ:2,257円(3公演)

CNプレイガイド:540円(1公演)

 

こうして見るとイープラスが1公演平均800円越えで1番高いことがわかります。CNプレイガイドはINKTでしか利用していないので他の公演だといくらぐらいなのかは分かりませんが少なくともINKTは良心的です。

CD・DVD :69,165円 

今年は担当G以外のCDも買ったりしたのでこれぐらいで妥当なのかな。前々から欲しかったSUMMARY2004のDVDをようやく買ったのですがとても面白かったです!アンダルシアのKAT-TUNがめちゃくちゃ格好良くて夏中リピートしてました。

雑誌/パンフレット等紙媒体:30,374円

思ったより全然少ないな…!?という印象です。ドル誌よりTV誌を多く買った1年だったので、買った数の割に金額は安く済んだのでしょうか。とはいえ櫻井さんと上田さんが表紙を飾ったTV誌は各2冊ずつ買ったりしたのでもしかしたら計算ミスがあるのかもしれないと疑ってます…。

ジャニショや舞台ブロマイド、フォトセット等写真:17,480円

計算するにあたって今年買った写真を全部掘り返したのですが、舞台系はどこまでが今年買った分なのかハッキリしなかったので絶対に計算が合わないと思います…だいたいどこも1枚160〜200円なので100枚前後買ったということになりますね。普段はそんなに買わないのですが、3月に田口くんの写真を買い占めたのが影響してると思います。

 ペンライト/サイリウム及び電池:34,824円

お、思ったより少ない…(歓喜)2015年は1つの現場で3万円分のサイリウム買ってたりしたので、かなり進歩が感じられます。しかし2016年のジャニーズ面白ペンライトシリーズが好きすぎて行かない現場のペンライトまで買ってしまったのは反省点です。

グッズ(アプリ課金含む) :83,973円

グッズ厨はもうやめた気でいたのでこんなに使ってたことにビックリです。グッズは基本的に買ったらそれっきりなのですが、10ks!のタオルがちょうど良い大きさだったので夏場はタオルケット代わりにしてました。でもそれ以外は本当に使ってない。

 交通費 :16,910円

定期のおかげでかなり安く済みました。ありがとう定期!愛してるよ定期!今年は10ks!の大阪公演しか遠征していないのと、その遠征も行きはマイルで賄った上に帰りはやたら安い夜行バスを使ったので大阪⇄東京間で3500円しかかかってないのも安く済んだ理由の1つかと思います。今更ですけど3500円*3の夜行バスってなかなか怖いですね…金欠だったとはいえ当時の私凄いな…。次からは交通手段もランクアップさせたいです。

 

用途別の方はジャンル別で挙げたジャンル以外のものも含んでますので足しても=にはならないのですが、何にどれぐらいお金を使っているのか見えてきて楽しかったです!

 ついでに来年の目標も宣言しておきます!

KAT-TUN復活に向けての貯金

→11月頃から500円玉貯金を始めたので、このまま継続していきたいです。500円玉貯金、案外楽しくてハマってます!

・テレビとレコーダーを買う

 →そもそもこのブログ自体録画が消えたショックを紛らわすために始めたのに1年経っても新しいレコーダーすら買えてないとは何事だという話ですよ笑。テレビを買うために貯金してようやく目標額貯まったところでJUMPのドームが決まってお金使っちゃったので来年こそは買います!

・現場は控える

→と言いつつ元日をドームで過ごすのですが果たして達成できるのか…??

サイリウムばっかり買わない

→宣言したのに1月下旬にアイドルマスターSideM2ndライブの公式サイリウムが届くという意志の弱さ…笑

 

最後に、今年の初めに作ったブログですがまさか1年近く続くとは思いませんでした!来年もまったり続けられたら良いなと思っております。とりあえず変形ペンラをデコった記事を書きたいのですが時間がなくてデザインすら作れてない…。

*1:大型ライブor公録orリリイベの自チケ分しか行かない派なので今年はミリオン3rdとデレ4thのみ

*2:その逆もありましたが

*3:しかも座席指定の追加料金込み

翔央担がHey!Say!JUMPのコンサートに行ってきた話

f:id:trprmint0104:20161014163351j:image


タイトル通り、翔央担*1が初めてHey!Say!JUMP のコンサート、DEAR.の横アリ公演にお邪魔してきたというお話です。未だにYa-Ya-yahを引きずってるオタクがうだうだしているので、不快な内容かもしれません。そして、感情のままに書いたので文章がぐちゃぐちゃしています。ご了承ください。


私は翔央担、つまりYa-Ya-yahファンですがHey!Say!JUMPが嫌いというわけではありません。ただ、JUMPを見てるとなんとなくモヤモヤするというか、もしここに立っているのがYaの4人だったら…というifの世界のことを考えてしまって、純粋にHey!Say!JUMPを見ることができないでいました。Ya-Ya-yahの頃はセンターに立ってグループを引っ張ってくれた薮くんと光くんが端に立っている構図にも馴染めませんでした。元々軽率な人間なのでバラエティや歌番組等を見て「格好良い!可愛い!」とキャーキャーしてはいたのですがふと「なんで薮くんセンターじゃないんだっけ…?」と思ってしまうことがあり、茶の間のレベルで楽しむことはできてもコンサートに入ったりすることは無いんだろうなと思っていました。
そんな私がJUMPに改めて興味を持ったのはMasqueradeのPVがWSで公開されたのがきっかけです。いつものようにTwitterのTLを遡っていたところ、「薮くん」と「センター」の2単語がたくさん目に入りました。検索してみると、新曲のPVで薮くんがセンターに立ってるとのことで、急いでWSの映像を確認すると確かにそこにはセンターで8人を従える薮くんがいました。センターに立つ薮くんはオーラがあって、格好良くて、懐かしくて、今までにも薮くんがセンターに立つフォーメーションは何度かあってそれを見てきたはずなのに、なぜか感動してすぐにCDショップに電話をしてアルバムの初回1を予約しました。発売後改めてMasqueradeのPVを見て、やっぱり薮くん格好良いな、センター似合ってるなと思ったもののこの時点ではまだコンサートに行くつもりはありませんでした。

それがコンサートに行きたい、と思うようになったきっかけは8月に舞台「青の祓魔師」を観劇したことでした。元々推してる若手俳優さん目当てで見に行ったのですが、この舞台には鮎川太陽さんが出演していました。太陽くん*2が事務所を辞めてから初めて生で見たのがこの舞台でした。私の中の太陽くんは高校生の時から更新されていなかったのですが、久しぶりに見た太陽くんはとても素敵な大人の男性になっていました。新しい世界でもひたむきに頑張っている姿を見て、ふいに「薮くんと光くんの現在も見届けなきゃ!」と思い立ち*3、チケットを探し始めたところ幸運にも同行させてくださる方が見つかり、初めてHey!Say!JUMPのコンサートを見ることになりました。

当日、新横浜に着くとこれからコンサートに行くであろうたくさんの女の子達がいました。多くの子が服装の一部にメンバーカラーを取り入れていて、キラキラして見えました。他の現場では私もそちら側のタイプの人間なのに、なんとなくJUMPのメンバーカラーに馴染めなくてあえてメンバーカラーを外した服装をしてきてしまった自分が浮いてるような気さえしてきました。ファンもJUMPも、JUMPでのメンバーカラーも受け入れているのに私一人だけ9年前に取り残されたままで、つい2か月前まで私の中の太陽くんが高校生のままだったように私の中の薮くんはまだ赤色のままでした。物販でポスターを買った際、「黄緑の薮さんでお間違いないですか?」とスタッフさんに確認されても(薮くんは赤なのにな…)となんとなく心の中がモヤモヤしてしまいました。 開演10分前に会場に入ったのですが、既に会場内ではJUMPコールが湧いていて、改めて私が今から見るのはHey!Say!JUMPの薮宏太、八乙女光なんだなと思い知らされました。せっかくのコンサートなのにこの調子で楽しめるのか少し不安な気持ちになりながらも開演を迎え、オープニング映像の後1曲目、Masqueradeが始まりました。

 

格好良かった。
例え端にいても、JUMPの中で自分の役割をこなす薮くんと光くんは、とても格好良かった。薮くんは、私が好きになった時と変わらない、むしろ当時よりも何倍も成長した綺麗な歌声で、光くんもあの頃よりももっと綺麗に踊っていて、今までだってテレビ越しに2人の成長は見てきたはずなのに、それとは比べものにならない迫力で、2人だけでなくもちろんJUMP9人それぞれが格好良くて、ぴったり揃った9人のダンスがこのグループがただのYa-Ya-yahとJ.JExpressの寄せ集めではなく、Hey!Say!JUMPという1つのグループであることを如実に表していました。

そして、私が横アリに行くきっかけとなったパート、大サビで薮くんがセンターに立つ構図を初めて生で見た時、思わず泣いてしまいました。いきなりHey!Say!JUMPに選ばれて、立ち位置も真ん中から端へと追いやられてそれでも折れずに頑張ってきて、また真ん中に立っている。私がいつまでも9年前を思い返してはうだうだと喚いていたその間に、薮くんはたくさん努力してもっと上のステージへ進んでいた。その事実が嬉しくて、いつまでも昔のことばかりな自分が恥ずかしくて申し訳なかった。今の薮くんをちゃんと受け入れないといけない、と思いました。今まで、薮くんがセンターのフォーメーションを見ても全くそんなこと思わなかったのに、生だからなのか一気にそんな感情が押し寄せてきました。私は勝手に、薮くんはJUMPになってから楽しそうに歌わなくなった。と言っていました。でも、全然そんなことはなかった。そんなの私の偏見で、思い込みで、ただYa-Ya-yahをいつまでも引きずっている自分の都合の良いように薮くんを解釈しているだけでした。愛のシュビドゥバやWe are 男の子で、なくなっちゃうんじゃないかというぐらいに目を細めて笑う薮くんの笑顔を見て安心しました。薮くんはちゃんとこのグループで、楽しくやっている。Mr.Flawlessで会場中に響き渡る薮くんのフェイクは私の知っている9年前のそれよりもずっと良くなっていて、大人になった薮くんの歌はとても魅力的で、改めて私は彼の歌が好きだなと思いました。
光くんも同様に、私が目を離している間に様々な面で成長していました。実は私は光くんがベースを演奏しているのを見るのはテレビなどの媒体を含めてもこれが初めてでした。Ya-Ya-yah時代の楽曲でギターを演奏しているのは何度か見たのですが、翔央担ゆえ「ベースは翔央くんのパート」という思いもあり、なんとなくベースをしている姿を見る気になれずにいたのですが実際に生で見ると凄く格好良くて、今まで避けてきた自分を責めました。ダンスが上手いのは昔からでしたが、改めて見ると昔よりもずっとずっと綺麗な踊りになっていました。JUMPになってから身につけたラップも、生で聞くととても格好良くて、彼の成長を見逃してしまった自分が悔しいです。ラップもベースも、Ya-Ya-yahの光くんならきっと担当しなかったでしょう。Hey!Say!JUMPの中で身につけた彼の武器はとても輝いていました。


最初に私が抱えていた不安はMasqueradeが終わる頃にはなくなっていました。Viva!9'sSOULでコールしたり、愛のシュビドゥバでペンラの演出を楽しんだり、MCで笑ったり、所々でわちゃわちゃするやぶひかに沸いたり、とても楽しいコンサートでした。アンコールではアリトロで薮くんが目の前を通ったり*4とても良い思い出をもらいました。

 

結局私が1番好きなグループはYa-Ya-yahです。それは今でも変わりません。でも、Ya-Ya-yahを愛しながらでもHey!Say!JUMPを応援できる、そんな気がしてきました。そしてそれ以上に今これからの薮くんと光くんを見届けたい、そう思いました。

f:id:trprmint0104:20161014163338j:image
(とりあえず名義を作ったのですがドームに間に合うでしょうか…)

*1:兼櫻井担兼上田担。DDなのでお許しください

*2:昔は太陽って呼び捨てにしてたんですけど今は格好良すぎて呼び捨てできません…しかし太陽さんも違和感あるし、呼び方安定しない…笑

*3:と言いつつ実は春の野球大会で見ていたのですが、あの時は上田さんを追うのに必死で全然2人を見れなかったので…

*4:全くの予想外でうちわを作ってこなかったのを後悔しました

アイマス×ジャニーズが見たい

先日行われたシンデレラガールズのライブにて中居くんのCMが流れた際にビューイング会場で全力で青を振っていたオタクは私です。隣の見知らぬプロデューサーに「中居くん青です!!!」ってシャウトして青振らせたのも私です。付き合ってくれてありがとうございました、見知らぬプロデューサーさん。
デレステCMの影響か、ジャニオタさんの中にもアイマスを知ってくださる方が増えているこの状況が非常に嬉しくテンションが上がった結果、ずっと下書きに放置していたくだらない妄想を公開することにしました。VS嵐にゲスト出演する765プロオールスターズ」と「うたばんにゲスト出演するシンデレラプロジェクト」の妄想が最近の日課になりつつある私が、ジャニーズとアイマスアイドルが絡んでたら超可愛い〜〜〜;;;みたいな軽いノリで自分しか得しない妄想をひたすら書き綴った結果なので、生暖かい目で見てください。本当は全員に画像を付けたかったけど容量が怖くて断念しました。そのため名前だけを列挙した不親切仕様になっております。割と気持ち悪い妄想なのでたぶんすぐに非公開にすると思います。
 

中居正広×安部菜々
これ完全にうたばんにウサミンがゲスト出演するやつです。
永遠の17歳のウサミンに向かって遠慮なく「安部って結局何歳なの?」って聞いてほしい。ウサミンの実年齢に関しては諸説あるけどもしSMAP世代だったらウッカリそこそこ昔のSMAPの話とか始めて自爆しちゃうんだろうな〜。あと「ウサミン星ってどこ?こりん星の横?」とか「ぶっちゃけそのキャラキツいべ?」とか突っ込みまくってほしい…なんでうたばんなくなったんだ…。
 
堂本光一×天空橋朋花×財前時子
ファンを化け猫呼びする光一さん×子豚ちゃん呼びする朋花様×豚呼びする時子様の3人、めちゃくちゃ親和性が高そう。この中だと光一さんは優しい方なのかな…。
 
 
自担なのに苗字選抜ですごめんなさい!!!
櫻井翔っていうか影山なんですけど、神戸のお嬢様である桃華ちゃまと執事の影山の絡みが見たい…。そもそも櫻井翔×幼女の絡みが大好きなんで、桃華ちゃまと謎ディごっこして遊んであげてたら可愛いな〜そういうハートフルな光景見たいな〜〜ぐらいのノリです。
 
相葉雅紀×我那覇響
響が現実世界にいたら確実に志村どうぶつ園レギュラーなので、2人で猛獣ロケとか行ってほしい。響は家でワニ飼ってたりするので相葉さんより猛獣の扱い上手な気がする…宿題くんのイモトさんがゲストの回みたいな雰囲気でお互い同業者としてライバル視して張り合ってても可愛いです。あと絶対に叶わないけど相葉さんソロの「いつかのsummer」を響に歌ってほしいし響の「Next Life」をガシガシ踊る相葉さんが見たいです。
 
二宮和也×双海亜美/真美
VS嵐のプラスワンゲストで亜美真美が来た時に、楽屋で二宮さんと一緒にゲームしたのがきっかけで懐かれた…みたいな感じで(ちなみにこの回、大野さんは最後まで亜美真美を間違え続ける)。二宮さんはドラマで小さい子との絡みも結構あったから亜美真美の扱いも上手そうだし、亜美真美は遊んでくれる相手なら懐きやすいからいいトリオになりそう。3人で相葉さんにちょっかいかけて遊んでればいいと思います。
 
村上信五×高槻やよい
月曜から夜ふかしのゴールデンSPの際にどうしても番宣がしたい人枠で登場する高槻やよいちゃん…お互い大阪府高槻市にご縁があるということで*1ぜひ共演してほしいです。高槻市ふるさと納税で貰える品にやよいちゃんのグッズがあるので、それが夜ふかしで取り上げられてマツコさんに「やよいちゃんなんか名字しか共通点ないのにお前よりよっぽど高槻に貢献してるわよ!」って言われてそう…w
 
小山慶一郎×川島瑞樹
小山さんがキャスター始めた直後ぐらいに地方局の女子アナやってた川島さんと出会って、その時はお互い挨拶程度だったんだけどその後川島さんがアイドルデビューしてから関わる機会が増えて、そういえばアナウンサー時代にお会いしましたよね!みたいなところから話が盛り上がっていけばいいかな〜現実の年齢差だと小山さんの方が年上だけど川島さんの方がアナウンサーとして先輩だから〜とかいう理由で小山さんは川島さんに頭上がらないみたいな関係がいいw

加藤シゲアキ×鷺沢文香
文香がシゲの本読んでて、内心ちょっと憧れていたんだけどお互いどちらかというとコミュ障だから出会っても話はしないんだろうな〜〜でも文香はブログとかでシゲの本の感想書いてるだろうし、シゲも誰かから間接的にそのことを聞いていてお互いなんとなく存在を認知してる…みたいなもどかしい関係だと思います。
 
上田竜也×村上巴
自担なのに見た目のみで選抜しました!!!!ごめん!!!!
広島出身でご実家はヤのつく自由業疑惑があり普段からSPを連れ歩き「お嬢」と呼ばれる村上巴ちゃんとぱっと見ヤンキーの上田竜也さんの2ショットめっちゃ見たくないですか……??私は見たいです。巴ちゃんの趣味が渋いので上田さんと共通の話題があるかは謎ですが、ドラマで共演して(それこそお嬢とSPの役とかでいい)上田さんの身体能力を巴ちゃんが気に入って上田さんに懐けばいい……なんなら組の勧誘されてもいいよ……入っちゃだめだけど。むしろ巴ちゃんのSPにも一目置かれてそうだしなんならSPが席を外してる時に危ない目にあった巴ちゃんを助けてあげた的なエピソード欲しい。巴ちゃん中学生だから絶対恋愛に発展しないし安心だね!自分の半分以下の年齢なのにその辺の大人よりよっぽど落ち着き払ってる巴ちゃんを見たら上田さんめっちゃびっくりしそう…w

亀梨和也×速水奏
ジャニーズのセックスシンボル×シンデレラガールズのセックスシンボル!!!!アイマス界にお色気担当キャラはそこそこいるんですけど、その中でも内面から溢れ出すエロさみたいなのを持ってるのは奏かなぁと思ったので彼女を選びました。でも志希にゃんも捨てがたい。むしろLiPPS*2×亀ちゃんが見たい。この2人の単独表紙anan並べたい〜〜〜;;
 

伊野尾慧×前川みく
伊にゃー慧×みくにゃんの猫選抜です可愛い〜〜〜;;;;志村どうぶつ園に新曲の宣伝でやってきたみくにゃんと一緒に猫カフェにロケ行って2人で猫に埋もれてればいいよ。この2人仲良くなれるかと聞かれるとたぶん仲良くなれないタイプなのでカメラ止まったら会話なさそうwでもみくにゃんは自分のキャラを貫き通す伊野尾くんのこと尊敬してると思うよ。
 
少女漫画原作のラブコメ映画で共演してほしい〜〜〜;;;;卯月は純粋だからSexyサンキューとかに対応できるかは不安だけどそんな健人くんのこともちゃんと受け入れてくれそう。たぶん共演決まったらリア恋系のファンにめっちゃ叩かれると思うけど(無駄に生々しい妄想)卯月は気遣いもできてとても良い子なのでその純粋な部分が伝わってくれればいいなーと思います。
 
宮田俊哉×松田亜利沙
亜利沙と絡ませるアイドルは本当に悩んだ。が、悩みに悩んだ末晴れて宮田さんになりました。ラブライバー宮田さん×女子ドルオタク亜利沙のドルオタコンビとしてバラエティとかで取り上げられそう。ハロプロオタクの塚ちゃんも混じってほしいな。それこそ「アイドル大好き芸人(芸人じゃない)」みたいな枠でアメトーーク出てほしい。ジャンルこそ違えどこの2人は絶対に分かり合えると思います。
 
 
この2人絶対会ったことあるでしょ?アイドルなる前にどっかのパーティー会場で絶対会ってるでしょ??なんならこの2人幼馴染でしょ???テレビだと全然キャラが違う いおりんを裏でお淳太様がいじってるんだろうなー可愛い。
 
 
 
 
この他にも色々見たいコンビはあるのですが、とりあえずネタとしてまとまった分だけ書きました〜両者共に選抜に偏りがあって申し訳ないですが、私自身シンデレラとミリオンの担当アイドルを出せてなくて悔しい…諸事情で没にした組み合わせも多いのでジャニもアイマスも更に勉強して出直したいです。あと今回はジャニーズ×女子ドルがテーマなのでSideMのキャラは外していますがそっちでもしっかり妄想してますwお淳太様と恭二とか絶対会ったことあるやつやで…。

*1:やよいちゃんは名字のみですが

*2:デレステに登場する速水奏一ノ瀬志希塩見周子宮本フレデリカ城ヶ崎美嘉の5人ユニット