愛情注ぐ理由はいらない

辛い日々の先にほら 待ちに待った夢と会った

お題「初めてコンサートに行った日」

お題「初めて○○のコンサートに行った日」

 

いつも拝見しているブロガーさんが面白そうなお題を出していらっしゃったので便乗させていただきます…!アイドル異文化交流大好き人間なのでジャニーズとそれ以外から1つずつ、KAT-TUNアイドルマスターの初めてのコンサートについて書きます。

 

以前書いたので短くなりますが私の初めてのKAT-TUNは10ks!の大阪公演でした。初めてのKAT-TUNと書きましたが長年ジャニオタをやっていた割にはそんなことも知らないのかというほどのジャニオタ初心者っぷりを発揮していました。*1

まず私がジャニーズのコンサートに申し込めるようになった頃には既に嵐はメール抽選だったので、振込用紙初体験でした。あと複数申し込みが公式から許可されたのも初めてで、1名義で複数申し込みって都市伝説じゃなかったんだ…!と感動しました。KAT-TUNのコンサートに行きたいと思ったものの初めてのKAT-TUNだし、10周年コンサートだしで倍率が全く読めず、東京公演だけでは不安になったのと次いつ会えるか分からないという状況が後押しして、平日ど真ん中にも関わらず大阪遠征の予定を組むという暴挙wに出ました。結果的にコンサートの日はたまたま授業がない日だったのでなんとかなって本当に良かったです。当落聞いて全部当たってた時は当選の嬉しさと飛んで行ったお金と二重の意味で泣きました。当日まではとにかく10ksを再生したり、リアフェとグレジャニの振付を覚えたりしていました。個人的にコンサート前のこの期間が大好きだったりします。

実は初めてのKAT-TUNであると同時に初めての遠征だったのですが、大阪一人旅はすでに経験があるし、というか昔住んでたのでバリバリ土地勘あるしで遠征感0でした。というわけで道中は特に何もなく京セラドームについたのですが、とりあえずドームに着いて最初の感想は「黒っ!」でしたw今までメンバーカラーでカラフルな会場しか見たことなかったのでハイフンさんの黒率にびっくりしました…。「青の服持ってない!どうしよう!」とパニクってた自分はなんだったのか。あと、メンバーカラーのパニエとか、花冠とか、ドレス&ティアラみたいな格好の人がいなくてここは本当にジャニーズのライブ会場か?と疑いましたwあまりの違いに周りの人をジロジロ見てた私は不審者じみてただろうな…申し訳ないです。

座席はスタンド上段4ゲート56通路の3列目、つまりスタンド上段の真正面でした。座席表で確認した時は少し遠いかな…と思っていたのですが、後々になってKAT-TUNでこの席は神席と呼ばれていることを知りました。公演が始まるとなぜここが神席なのか分かりました。演出が全部綺麗に見える上に特にレーザーの海は飛び込みたくなるぐらいの綺麗な景色でした。途中からなんでこんな良い席に客入れてるんだよDVD用のカメラ入れろよと理不尽にキレていたぐらいですw

コンサートが始まってからは初めての連続でした!!まず何回衣装替えしても衣装が格好いい。これは嵐育ちあるあるだと勝手に思っているのですが、1回のコンサートで格好いい衣装が3つあれば当たり、とりあえずカウコンで着れそうな衣装があれば安心みたいなところあると思うんです。*2なのにKAT-TUNは何回着替えても上着脱いで半袖になっても格好いい。すごい。

そしてなんと言っても特効。下から噴水上から花火、ドーム中にレーザーが飛び交うその光景は圧巻です。ド派手な演出に何度も驚かされました。そして最後まで爆発の音に慣れなかったw演出の1つ1つが派手で、なんというか考えるな、感じろ!的な気持ちにさせられました。KAT-TUNの演出は凄いという話は聞いていたのですが、ここまでとは思っていなかったのです。ツアーが始まる前に亀梨くんが「10周年を祝うようなコンサートに」(意訳)と言っていたので、10年を振り返りつつ皆でお祝いする感じのコンサートになるのかなと思っていたのですが、蓋を開けたらなんか基本的に燃えてるし、野郎どもとか言われるし、こっちに銃向けてくるし、なんなら手榴弾投げてくるし、「10周年とは……」と思わずにはいられませんでしたがこれもある意味KAT-TUNらしいなと思いました。でもプレワンではしんみりした気分にさせられて、その落差の激しさに風邪ひきそうにるぐらいですが、1つのライブで様々な光景を見せてくれるKAT-TUNのライブはとにかく最高でした。

最後に手をつないで「We are KAT-TUN!」というのはKAT-TUNならではですが、全く知らない隣の人と手を繋ぐっていいですね。同じ空感を共有してるって実感できて素敵だなぁと思います。KAT-TUNのファンって怖いイメージがあったのですが、みなさんぼっち参戦の私とも手を繋いでくださって嬉しかったです。手汗が半端じゃないことになってたのにみんな優しかった…。こんな感じで私の初めてのKAT-TUNライブは終わりました。

 

 

続いて、初めてのアイマスライブのことです。私の初めてのアイマスライブは、2014年11月30日に行われた「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 2nd LIVE PARTY M@GIC!!」(タイトル長いw)でした。アイドルマスターシンデレラガールズがアニメ化される直前の大きなライブで、「ここでライブを成功させてアニメに向けてシンデレラガールズを盛り上げよう!」という意気込みが声優さんからもプロデューサー*3からも感じられるライブでした。長年ライブに行きたいと思ってはいたけれどなんとなく迷っていたのですが、7月30日に発売されたシングル、「We’re the friends!」の特典だったライブの応募券を使わないのも勿体ないな~と思い使用したところ運よく当選したのをきっかけに参戦することに。CD1枚で当選するのがどれだけ幸運なことかは翌年知ることになります…*4

 というわけで11月のライブですが7月末にライブ応募券付きCDを買ったところから私の初アイマスライブがスタートです。その後8月末にチケット当選、入金。しばらく公式の動きはなかったのですが、ライブの1ヶ月ほど前の10月中頃、ライブの公式サイト(まずライブ毎に公式ページが存在することに驚愕)に「事前通販受付開始!」という文字が登場しました。アイドルマスターではライブの前にライブグッズを通販してくれるシステムが存在するのです。*5しかもきちんとライブに間に合うように1週間前には届いていました。いつもバッグからポスターをはみ出させながら退勤ラッシュの電車に乗っていたジャニオタからすればこの時点で神かよ、となります。というわけでライブ前に自宅にグッズが届くシステムに感動しつつ公式サイリウムと公式タオルを注文。ちなみにこの後知って驚いたことがあって、アイマスの物販は複数の企業からグッズが出ます。メインのグッズ(パンフとかサイリウムとか)はバンダイナムコから出るのですが、他にブロッコリームービックス、アニプレックスさんなどがグッズを出す場合もあります。大体は先行販売系のグッズなので会場限定は少ないのですが、それでもライブのグッズが複数の企業から出るのは珍しいのではないでしょうか…。

通販が届くのを待っている期間で曲を聞きこんだり、ライブの情報を集めたりしていたのですが、先輩プロデューサーの手厚いサポートに感動しました。ファンサイトでライブ前の準備事項についてまとめてくださったり、Twitterでメンバーカラー一覧表が回ってきたり、ニコニコ生放送でライブ準備生放送と称して会場周辺の交通情報から当日の注意事項、セットリスト予想、曲ごとのコールやサイリウムの色について教えあう放送をしたりとその用意周到具合は最早ファン活動の域を超えています。プロデューサーと呼ばれているだけあって皆さん仕事ができる…!会場への行き方から会場周辺のサイリウムを売っているお店まで、あらゆる情報を発信してくれたおかげで初めてのライブにも関わらず大きな不安はありませんでした。特に曲ごとのコールやサイリウムに関しては、演者さんが直前のラジオで「この曲はこういうイメージだから何色を振ってほしい」などと発言することもあり、情弱な私はついていけなかったのですが、すぐにファンサイトが更新されたおかげで情報に乗り遅れることなく当日にはコールもサイリウムの色も完璧に頭に入っている状況でした。

当日朝から物販列に並んだあと、開演1時間前に会場入りしたのですが、まず会場内で目に入ったのが展示コーナー。ここではこれから発売されるグッズを先行展示しており、フィギュアからプライズ商品までガラスケースの中に飾られたグッズを見ることができます。基本的に撮影も許可されており、展示コーナーだけで30分は費やしてしまいました。撮影を終えてようやく座席へ。席はスタンドの7列目でした。私は背が低いので男性が多いアイマスのライブではスタンドの方が視界が良くて好きです。サイリウムを装備しているとお隣の方が「今日はよろしくお願いします」と名刺を渡してくれました。昔はジャニオタにも同じような文化があったと聞きますが、それと同じようにアイマスには自分のハンドルネームと担当アイドル、Twitterアカウント等を載せた名刺を交換する文化があります。文化自体は知っていたのですが1人で参加してる女にまで話しかけてくれるとは思わずに持ってこなかったことを後悔しました。これ以降は必ず名刺を持って行くようにしています。ファン同士の交流のきっかけになるし、名刺交換から話が盛り上がることもよくあってこういう文化がフレンドリーないい現場を作っているのだなぁと思っているといきなり会場にアイドルの音声が響き渡りました。当時デビュー直後の星輝子ちゃん(CV.松田颯水さん)の声で、これからアニメに使う音声を取るので協力してほしい、との内容でした。驚いたのはその声が聞こえた瞬間に彼女のイメージカラーである赤のサイリウムで会場が埋め尽くされたこと。つい先程まで会場内でサイリウムを点けている人は少ないぐらいだったのが、一瞬で赤に染まる様子に思わず呆気にとられてしまいました。その後、彼女の煽りに合わせて会場全体からイェーイ!という叫び声が響き渡ります。何がビックリってこの間ステージには誰も登場していません。ステージには誰もいないのに客席はボルテージMAXという謎の光景でした。収録後、「ありがとう!それじゃあ協力してくれたお礼に新曲を公開するぜ!」的な音声が流れ、会場からは拍手が。繰り返しますがこれライブ前です。とはいえ新曲公開は私も嬉しくペンライトを構えていると、何やら聞き覚えのあるイントロが。と同時に「紅だあああああ!」のボイス。そう、新曲とはカバーソングシリーズの中の1曲、XJAPANの紅のカバーでした。初めてのアイマスライブで、開演前にXJAPANのカバーが流れ、それに合わせサイリウムを振る……なんかXジャンプしてる人いるし、ヘドバンしてる人もいるし、私は一体誰のライブに来てるんだ……と思わずにはいられませんでした。アイドルのライブに行ったら1曲目(しかも開演前)がXJAPANのカバーだっただなんてインパクト強すぎて今後何があっても忘れないと思います。その後同じカバーソングシリーズから新曲が何曲か公開され、相変わらず誰もいないステージに向かってサイリウムを振りコールを叫ぶという光景にも慣れてきた頃、会場が暗くなり開演前の注意事項のコーナーが。お馴染みの事務員キャラ千川ちひろさんのシルエットがモニターに映し出され、彼女のボイスで注意事項(録画禁止とかジャンプ禁止とかの類)と、ライブビューイング会場に向けての注意事項、今日は楽しみましょう的な音声が流れいよいよ開演。かと思いきや、その前にモニターに協賛企業の名前が映し出され、名前のコールが起きます。「一迅社」「ブロッコリー」などの社名を1万人で読み上げていく様は異様でした。今では私も楽しんでいるんですけどね。この儀式が終わると開演。

ここからはもう楽しすぎて記憶が怪しいのですが、代々木体育館という大きな会場にも関わらず寸分の乱れもない完璧なコールに1曲目から圧倒されてしまいました。最初に定番曲や新曲が披露された後挨拶があったのですが、出演している21名が順番に挨拶する度にサイリウムの色を変えていくその切り替えの早さについていけず、諦めてサイリウムを置いて大人しく挨拶を聞いていました。このサイリウム芸にはその後も感動しっぱなしだったのですが、特に「Twilight sky」という曲ではプロデューサーの団結力を感じました。この曲はタイトルの文字通り「Twilight sky(夕焼け空)」をサイリウムで再現しようということで、前列がオレンジ、後列が青を振るというファン企画が1stライブで行われ、今回の2ndライブでもそのようにしようという流れがありました。しかし、1stライブの会場*6は事前にステージと客席が判明していたため、どこまでがオレンジでどこまでが青と明確にできたのですが、今回の会場は代々木体育館。ステージも当日会場に入るまでどのように組まれているのか分からないし、そもそもこの曲はメインステージで歌うのか、花道で歌うのか、センターステージで歌うのかは曲が始まってみないと分からない、つまり曲が始まるまでどこまでが前列でどこからが後列か分からない状況だったのです。しかし、曲が始まると会場は綺麗にオレンジと青に分かれ、曲を歌う青木瑠璃子さんを中心に綺麗な夕焼け空が再現されていました。私は今でもこの曲のサイリウムの海が世界で1番綺麗な光景だと思っています。

そしてもう1つアイマスライブ特有というか、アイマスライブで驚いたことがあって、曲が始まるまで誰が歌うか分からない曲があるということです。ソロ曲は持ち主のアイドルが、全員曲は全員で歌うのですが、アイマスではユニット曲は明確に誰が歌うか決まっていません。ライブ毎に参加できるメンバーが異なりCD音源のメンバーがなかなか揃わないこともあるからか、ユニット曲はライブ毎に異なるメンバーで歌われます。このライブでも例外ではなかったのですが、「オルゴールの小箱」という曲で原曲メンバーではなく私が大好きなユニット、トライアドプリムスのメンバーが登場した時は涙が止まりませんでした。当時トライアドプリムスはユニット自体は存在していたのですが曲を持ってない状況だったので、このオルゴールの小箱はトライアドプリムスの歌が初めて聞けた瞬間でした。こんな粋な組み合わせを考えてくれた運営陣には頭があがりません。

こうして初めてだらけのアイマスライブが終了したのですが、終演後に会場から「アイマス最高!」というコールがどこからともなく湧き上がりました。これも恒例行事なのですが、当時初体験だった私はここでも感動。今日のライブが最高だったこと、このジャンルが最高だと思えることをライブ終演直後に叫べるのは幸せなことだと思います。その後周りの方に「お疲れ様でしたー」と挨拶をして私の初アイマスライブは終わった……かのように見えたのですが、数日後、「事後通販決定!」という告知が公式サイトに掲載されました。事前通販と同じようにライブグッズの一部をライブ終了後に通販することができるシステムが事後通販だそうです。当日売り切れたグッズや買い逃したグッズを後から買うことができるということで、運悪く売り切れで買えなかったマグカップを注文。ジャニーズにもこのシステムできないかなぁな、と思います。以上が私の初アイマスライブです。


2つのライブについて書いたら長くなってしまった上にKAT-TUNは以前も書いたためアイマスがやたら長くて比率が悪くて申し訳ないです、ただ2つのジャンルだけでこれだけ差が出るのは面白いことなので、これ以外のアイドルの現場にも行ってみたいと思う今日この頃です。

*1:長年嵐オンリーだったのと海外住みで現場と無縁の生活だったのが大きい…

*2:あ、でも最近は格好いい衣装増えました

*3:アイマスファンの総称

*4:CD積んで全落ちした

*5:一部会場限定グッズも存在します

*6:舞浜アンフィシアター

金欠学生オタクの応援スタンス

久々にはてなブログを巡回してたら面白そうな記事があったので便乗させていただきます。

まず自分のスペック:文系大学生、バイト代は月4〜5万ぐらいなので必死でやりくりしてる。
ジャニーズの担当:櫻井翔上田竜也
その他俳優の宮崎秋人くんとアイドルマスターの現場にも行くので常に金欠。


・CDについて
基本的に買うけどポスター系の特典がない時は予約はしない。PVよりも音源多い方が嬉しい派なので初回限定は気が向いたら買うぐらい。新星堂のポイントカード作ったらすごい勢いで溜まっていくのが楽しくなっちゃって財布の紐が緩くなりがち。最近は過去作品の収集にハマっています。ジャニーズはそれぐらいの緩いスタンスです。
CDに関してはジャニーズよりもアイマス優先かもしれない…こっちはライブの応募券が付いてくる場合があるので買わざるを得ないんです…。

・DVDについて
こっちは基本初回で買ってるかな?ジャニーズの円盤は安いので割と躊躇なく買ってますwアイマスの円盤も欲しいんですけど高いんですよね…基本1公演1万円だし…2日間開催のライブだと初日と2日目で円盤分けるし…その分パッケージも特典もめちゃくちゃ豪華なんですけどね!ジェイストームは1度日本コロムビアを見習った方がいいと本気で思ってます。舞台系のDVDは好きな公演とかリリイベ目当てなら買うかな〜っていう感じでゆるゆるですw

・FCについて
嵐とKAT-TUNに入っています、自分名義だけです。名義増やしている余裕もないし「死んでも行きたい!」みたいな感情があまりないので…。そういえば去年から宮崎秋人くんがDBOYSに加入したけどDBOYSの会員にはなってないな…。

・現場について
今年は「軽率に現場に行くこと」が目標なので現場数は当社比で多めです。基本的にアイマスのツアーと嵐のツアーは時期が把握できるのでそれを基準に1年のスケジュールを組んで、合間の期間に宮崎秋人くんの現場を入れて更にその合間で行きたい舞台とか見つけたりしています。KAT-TUNはまだファン歴浅いのもあって時期が読めないけどとりあえず現場が決まれば最優先という感じです。
ツアーは複数申し込みOKなら関東は全部申し込んでいます。大阪も土地勘と宿があるので金銭的に余裕があれば申し込んでます。流石に遠征費まで出す余裕はないので本州が限界ですね…。
アイマスは大きいライブなら基本的にライブビューイングがあるのでそれに頼りっぱなしです。地方公演とかチケット取れなかった公演とかはライビュで済ませちゃいます。ジャニーズは滅多にやらないけどライビュはライビュで楽しいんですよね…毎回通うと地元のオタク友達とかできるし!昔は映画館で画面に向かってサイリウム振るって理解されなかったんですけどキンプリの応援上映のおかげでハードルが低くなったみたいなのでもっとみんな軽いノリで参加してほしいです。
舞台は倍率次第なところもありますが、基本1公演だけで余裕があって面白い舞台なら多ステもします。前に無茶して多ステしたら*1公演中寝ちゃったのでそれ以来スケジュールと相談しつつ余裕のある時しか多ステしないようにしています。ライブは絶対寝ないので制限かけないんですけどね…。
今年から都心が定期区間になって東京ドームや主要な劇場がほぼ定期圏内になったので助かっています。

・グッズについて
お金に余裕がある時はホイホイなんでも買っちゃうタイプですw以前アイマスで1000円の水*2を買って以来全てのグッズが安く見えて困ってます。だってアイマスで水買うお金でジャニーズならポスター買ってお釣りがくるんですよ…安すぎません…?どうしてもグッズを絞らなきゃいけない場合は、自担の顔が入ってるか否かを基準に買うものと買わないものを決めています。だってライブロゴって言ってしまえばただの模様だし!*3アニメ系のグッズだとただの黄色い紐に黄瀬涼太って名付けて売ってたりとか(そしてそれをつい気を許して買っちゃったりとか)多々あったのでそれ以来「自担の顔がないグッズは自担のグッズではない」というスタンスでいっています。でもグッズ買っても開けないし使わないんですよね…「いつか担降りした時に売るため」と言って未開封で割と大事に保管してるんですけどよく考えたら今まで担降りしたことなかった…自担が事務所辞めていっただけだった…。
ここに入るのか分からないけどアイマスのゲームは滅多に課金しないです…どのゲームもサービス開始当初からプレイしていてある程度ゲーム内資産が安定しているので課金の必要が特にないですね。でもこの間のデレステのスカウトチケット付いてくるやつは買いました…SSR加蓮が可愛いからつい…。

・ペンライトについて
グッズと分けましたwそれぐらいお金かけてます。ペンライト大好き芸人なので入らないコンサートでも担当のいないグループでもデザインが気に入れば買います。あとアイマスの方のペンライト代が尋常じゃなくて、以前書きましたが公式ペンライトの本数が多い上にそれとは別にUOも使ったりするので*4、1回のライブで3万ほどペンライトに飛ばしたりします。ペンライト用の電池の消費量も激しく、LR33ボタン電池を100個単位で仕入れているのですが全然間に合わない状況です。UOは通販サイトで60円/本、電池は通販か秋葉の電気屋さんで10円/個ぐらいで買うようにしているので結構頑張って節約しています。
最近は手持ちのサイリウムホルダーが足りなくなってきたのでサイリウムホルダーかサイリウムバッグを買い足さなきゃいけない事態になってしまい悩んでいます…。

・写真について
ジャニショの写真とあと舞台のブロマイドもここに分類されるのかな。
ジャニショの写真に関してはビジュアルもそうですがオフショット感のある写真を買います。櫻井さん毎回100%のキメ顔だから格好いいけどオフショット感がなくてちょっと残念…。あと、自担じゃなくても「あ、これは後世に残したいな」と思った写真は買います。この間の加藤さんのESCORTの写真もそういうノリで買いました。ESCORTめちゃくちゃ気になるんで余裕があればWhite円盤欲しい…。
舞台のブロマイドは基本的に買ってると思います。私はくじ運がやたら悪くてランダム商品には手を出さない主義なのでランダムブロマイドは買ったことないです。ランダム系はたまに中古屋とかで見かけたのを買っています。

・雑誌について
テレビ誌は単価が安いので気に入ったらホイホイ買っちゃいます。ドル誌はもう自担がほぼ出なくなったのであんまり買ってないですね…昔大宮がW誌の伝言板でカップルみたいなやり取りしてた時とかそれだけのために毎月買ってましたw

・TV・ラジオについて
無料媒体になると軽率度増し増しですねwラジオは今は相葉くんのレコメン、二宮さんのベイスト、亀ちゃんのHANGOUT、あとKちゃんNEWSぐらいですが今年から通学時間が増えたのでそのお供としてもう少し聞く番組を増やしたいなと思っています。テレビはかなり録っていますけど中々消化できていないのが現状です。今確認したらジャニーズが週16本でアニメが週5本録っていました。もっと効率的に時間を使えるようになって録画を溜め込まないようにするのが目標です。

掛け持ち故に広く浅くな感じですがこれが基本スタンスですね。もう少しバイト増やして金銭的に余裕ができたらもっと自担にお金かけたり軽率に色々な現場に足を伸ばしたりしたいです。ジャニオタって一般人に比べて舞台とか映画に触れる機会が多いからやっぱり目が肥えているというか見聞が広いな〜と感じることが多くて、私もそういった人間になりたいので興味があれば何でも行くようにしています。たまに「お金はどうやってやりくりしてるの?」と聞かれますが私の場合友達が圧倒的に少ないから交際費がかからないのが大きいですね。「交際費だけはかけたくない」って周りにも宣言しています。それでも私と喋ってくれる友人には本当に感謝しかないです…毎回イープラス協力してもらってごめんね…。


*1:公演期間と試験が被って徹夜続きの中観劇してた

*2:ライブグッズ、詳しくはアイマ水で検索

*3:光一さんの「布だぜ!」と同じノリです

*4:最近抑えてるので1公演25本ぐらい。理想は1公演50本

KAT-TUN10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR "10Ks!"感想

 ※めちゃくちゃネタバレするので自衛お願いいたします
 
なぜこんなに遅くなったのか言い訳すると10ks終わったあと2日ほど鬱になり、その後復活する暇もなく溜め込んだ仕事やら課題やらをこなし、ようやく書き始めた頃にはシューイチの密着放送後でした。その他にも風邪引いたりなんだりとバタバタしていていたのもありますが、私の中では「後遺症が治るまでがライブ」で、なぜか未だにオーラスでやられた右足が治らないので10ks終わってないことになっていますw
この数日間躁と鬱が交互にやってきて、それぞれのテンションで書くことが180度変わってきたため書いては消し書いては消しを繰り返していたのですが、私の記憶に限界が来ないうちにテンションだけで書いてしまうことにしました。本当にテンションだけなので印象に残っている部分とそうでないところの落差が激しいですがご了承ください。
 
今回のツアー、私は名古屋以外の4公演全てに参加しました。チケットを持ってきてくれた名義、譲ってくださった優しいフォロワーさん、本当にありがとうございます。好きになって初めてのツアーをまさか多ステするとは思いませんでしたが、終わってみると4回入っても全く飽きないどころかまだあと8回ぐらいは入りたい気持ちです!金銭的にもスケジュール的にも割と無茶しましたが、行って良かったと思います。
しかし、それぞれのレポを書けるほどマメでもなければ記憶力が良いわけでもないので 一気にまとめてレポを書かせてもらいます。
 
1.GOLD
大阪では初のKAT-TUNのコンサートで初めての曲ということもあって大興奮でした。幕が開いたと思ったらとても豪華なセットが現れて、一瞬KAT-TUNどこ!?ってなった。炎も上がるし一体どこ見ればいいのやら状態でした。ゆっちの小道具も毎回楽しみでした。個人的には剣がお気に入りです。
あと、東京公演で噴水の演出が増えたのがすっっっっごく興奮した!!特に東京初日!火と水両方ってどういうこと!海賊船モチーフなことと噴水のあがり方から海をイメージしてるのかなと思いました。
そういえば、オーラスで上田さんが「野郎共!!!」って言ってたけど女子が8割の会場で野郎とは一体…
2.Real Face
TVで見ていた頃から亀ちゃんの「チッ」は毎回「キャーッ!」となっていたのですが、周り見てみたら「キャーッ!」と言いつつも右手は完璧に振りコピしてて皆歓声の割に冷静だったのが印象的です。ハイフン歴は短くてもジャニオタ歴はそこそこあるのでリアフェは幾度となく聞いてきたはずですが生リアフェがこんなにも感動するものだとは思わなかったです!
 3.BIRTH
亀「倒れても立ち上がって……東京〜〜!!!」
タメが長いw
レーザー!とにかくレーザーがすごい!生で見ると本当に綺麗で、天井席から見たときは、「このレーザーに飛び込みたい」と思ったぐらいです。でもそのレーザーに見惚れすぎて「感じるままに 体揺らして」の部分の亀ちゃんを何回か見逃してしまったのが悔しい…。
5.ONE DROP
生「Say!」を体験できて嬉しかったです。確かにこれはタイミング分かりづらいw合わせられないw
6.WHITE
今回天井率が高かったのですがクレーンのおかげで救われました…絶対違うだろうけどこっち見てくれたってことにしておきますw
挨拶も毎回毎回すごいテンションあがった…私の記憶が正しければ東京のどこかの公演でゆっち噛んでましたよね?あれ可愛かった…
7.PERFECT
ゆっちの「会えないよね」「見えないよね」が可愛い〜〜;;;;東京2日目かな?周りの方達がすっごくノリが良くて一緒に「会えないよね」「見えないよね」コールしたのがとても楽しかったです。
フォロワーさんが、「PERFECTは亀ちゃんの『Say!』を構えてしまう」と言っていて、今回が初KAT-TUNの私には何のことかサッパリだったのですがオーラスで「Say!」が出てようやく謎が解けましたw
8.春夏秋冬
そういう意図ではないんでしょうけど照明の色が一瞬メンバーカラーに見えてしまって思わずウッ…となりました。この曲も東京で噴水が追加されていましたが本当に綺麗でした。
この曲の最後でに銃で撃たれるシーン、毎回ペンライトで撃ち返して遊んでいたのですが大阪公演の時は周りの方が撃たれたフリをしていたのを見てさすが関西だと思いました。私も関西人のはずなのに対応できなかったのが悔しい…。
上田さん跳躍力凄くないですか?????途中であったPVに合わせた水晶(?)の演出が個人的に大好きです…!!この演出の元ネタも10ks初回2を買っていなければ分からなかったんだと思うと初回2買っておいて良かったし初回2にPV収録してくれて良かった…新規としてはとても救われました。間奏のダンスシーンでガシガシ踊ってるKAT-TUNがめちゃくちゃ格好良かった!!
10.MOON
マイクスタンドに着物を着せて女性に見立てる演出なのですが、マイクスタンド(=女性)を放置するゆっち、肩に担ぐ上田さん、マイクスタンドとベッドインする亀ちゃんと個性が出まくってて面白かったです。亀ちゃんがマイクスタンドとめちゃくちゃエロいことしてる横で上田さんがマイクスタンド振り回してる(語弊がある)の同じ曲の演出だとは思えなかった…w
切実にDVDにソロアングルを収録してほしいです。
11.In Fact
本日1回目の爆発です!!高まる!!!
上田くんが「まるで出口のない」の部分で田口と書いていると聞いて後日双眼鏡で見たら本当に書いていてその場で膝から崩れ落ちました。
12.NEVER AGAIN
13.僕らの街で
ムビステで移動だったのですがゆっちが中央に立っていてたっちが両サイドで座っている構図がなんかたっちを従える中丸さんって感じで格好いいというか帝王感があるというか率直に言うと興奮しました。
14.KISS KISS KISS
大阪の時バクステがすごく近くてこの曲を間近で見れたのがすごく嬉しかったです…!!テレビやquarter円盤で何度も見たけどやっぱり生で見る腰振りが…とても…
エッチでした…(語彙力不足)
15.Will Be All Right
「Say!」があるとは聞いてたけど「Singing!」もあるとは知りませんでした。
10ksの投票曲を選ぶ際に初めて聞いた曲ですが、メンバーやハイフンさんに大切にされてきた曲だということが伝わってきて、想いの強さこそ違えど私もとても気に入っていた曲なので生で聞けたこと、みんなで合唱できたことがとても嬉しかったです。
たぶんこの曲の時だと思うんですけどトロッコで亀ちゃんが自分の方に来た時、隣のお姉さんが手を振るのではなくひたすら両手合わせて拝んでたのがめちゃくちゃ面白かったです。楽曲全然関係ないけど。
16.ハルカナ約束
ここで一回目の衣装チェンジだったんですけどここからの衣装がめちゃくちゃ好みで…というか今まで衣装に恵まれないグループばっかり好きになってきた身としてはKAT-TUNって常に衣装が格好良くて凄い!!って毎回感動してました。
予習不足で振りコピがあると知らなくて戸惑ったけど、すぐに覚えられて楽しかったです!こんな可愛い振り付けはKAT-TUNにあったんだ〜という新発見でした。
 17.RESCUE
ゆっちが!ゆっちが!!ゆっちが!!!(語彙力)ゆっちが格好良すぎて……。
私、ボイパの魅力っにイマイチピンと来てなかったんですけどそんな過去の自分を平手打ちしたい心境です。ボイパめちゃくちゃ格好いい。
ゆっちに目を奪われてしまいましたがほぼほぼ火事みたいな演出もとてもツボでした。
18.LIPS
 トロッコに乗ってCO2噴射しながらセンステに向かってたやつ。トロッコとセンステの間、けっこう広く開いていて、たっちがセンステに移る時毎回ピョンってなってたのが可愛かった……。
19.YOU
大好きな曲だからこそもっと聞きたかった;;
この曲は10ksに収録されるまでは特に思い入れがなかったのですが、アルバムと今回のライブで大好きになりました。今度こそYOUがたくさん聞けますように…!
20.White X’mas
センステで切なげに歌う3人がとても儚くて綺麗な光景で思わず見惚れてしm……まって臭いw火薬の匂いするw席が遠いからかRESCUEの時の火薬が遅れてやってきて別の意味で嗚咽しましたw少なくとも私が入った公演は全部の回で火薬臭がした…
21.Love yourself 〜君が嫌いな君が好き
東京初日、先の中丸クリニックの件で思った以上にゆっちのほっぺとくっついてしまってパニクって入りを間違えサングラスしまう場所を間違えずっとあわあわしてた亀ちゃんが可愛すぎて今もこれ書きながら思い出しては萌えによるにやにやと震えと涙が止まりません…本来ならドラキュラ亀ちゃんのエロ格好いいステージだったんでしょうけど他の日も歯が取れちゃったりでひたすら可愛いだけのステージでした。
22.CHANGE UR WORLD
自担が三輪バイクに乗って登場したかと思ったらライフル射撃した挙句手榴弾投げました。
何を言っているか分からないでしょうが私も何が起きたかわかりません。
人がライフル撃つ場面を見て美しいという感想を抱く日が来るとは思わなかった…。榴弾の引き金を口で引くシーンとかどこの二次元キャラですか…ってぐらい美しくて思わず息が止まりました。
オーラスの「迎えに来たよ♡」が可愛くて軽率に沸いていたのですが冷静に考えると迎えに来てライフル撃つ状況全然わかんないw
23.STAR RIDER
STARRIDERの超絶格好いい中丸雄一を生で見たのに中丸担に降りなかった私の精神力を褒めたい。レーザーを操るゆっちが死ぬほど格好良くて本当にあと一歩で中丸担になるところでした…。天井席真正面から見るとレーザーの動きが全体的に見渡せた上にレーザーとゆっちがドンピシャの動きで本当に綺麗でもう私の席にジェイストームのカメラ入れてよ!?って言いたくなったぐらい素晴らしい光景でした。
24.Going!
風船持ってぐるぐる回る上田さんめっっっっっっっちゃ可愛い〜〜;;;自分の尻尾追いかけてぐるぐるしてるわんこみたいでめちゃくちゃ可愛かった;;;;
東京初日、頑張ってぐるぐるしてから飛ばしたのに全然飛ばずに自分のところに返ってきちゃったのを見て、それ以降毎回「ちゃんと飛びますように…」と切実に祈ってました。
25.不滅のスクラム
 だいたい毎回ここでファンサもらって死んでたんでほぼ記憶がないです。お手振りするKAT-TUNちゃんめっっっっっっちゃ可愛かった…。
26.RUN FOR YOU
 中丸さんが「風船がいっぱい」みたいなこと言ってたのがめっちゃ可愛かった記憶があるんですけどこだったか記憶が定かではないです…。
27.TEN-G
新規な上に過去のDVD買うのも全く追い付いていなくて、「大宮SK的なやつ」程度の認識しかなかったのですが己の勉強不足を恨みました…なにこれめっちゃ可愛い…なんで色がメンバーカラーじゃないんだろうと思ったらメンバーカラーよりもこちらの方が先だったんですね、ゆっち解説ありがとう。
アラームクロック収録
私がもうちょっとお金持ちなら全公演分欲しかった~~~~寝起きだけはやたら良いから普段から目覚まし使ってないし買っても使わないだろうけども全部欲しかった~~
オーラスだけ買ったんですけど東京初日と2日目の上田さん可愛すぎてめちゃくちゃ欲しかった…あと大阪も…。
ゆっちが「会社には俺が言っておくから」的なセリフを言っていたの、自分のファン層(またはアラームクロックを買う層)はOLと捉えているあたりが興味深いなぁと思いました。
全体的に乙女系シチュエーションCD感が半端なかった…どうせならダミーヘッドマイクで収録してくれればよりリアルなのに…と思ったけどダミーヘッドマイクで収録してたら亀ちゃんのキス音でたぶん死んでたので普通のマイクで良かったです。
28.RAY
RAYがこんなにガシガシ踊る曲だと知らなかった、ごめんなさい。
RAYといえば上田さん!!と信じて疑っていなかったので東京初日までずっと上田さんしか見ていなかったのですが、東京2日目の際、たまたまRAYでゆっちが真正面から見れる席だったのでゆっちに注目してみたところめちゃくちゃ踊っててビックリしました。ていうかゆっちダンス上手い!!なんで今まで気づけなかったんだろう…。
ベスアを引きずってるせいでイントロ聞くだけで半死の状態になってしまうのですが落ち着いて見てみると最初の1人ずつスポットライトが当たるところ(説明下手)とかすごい好き…
30.BOUNCE GIRL
夏の曲だから今回やらないかなーと思っていたのでまさかセトリに入ってるとは思わなかった…!!冷静に考えると春夏秋冬やってホワクリやってこの曲って季節があっちこっち行きすぎではという気がしないでもないけど楽しかったのでオールオッケーです(チョロい)
31.4U
My dear sweet girlって結局誰のことなんでしょう…
途中で流れる3人の今までの写真めっっっっっちゃ可愛いですね!?改めて見てみると変化が激しすぎる上田さん、チャラかったのがだんだん落ち着いていく私が好きなタイプの成長をしているゆっち、いついかなる時も亀梨和也であり続けた亀ちゃんの対比が面白かったです。
32.TRAGEDY
しんみりしてるとイントロが流れて一気に空気が変わり、超格好いいモードに突入!!!
モニターの鎖の映像が格好良かった!!!「艶やかな衝動の波となって舞うDOUBT」のところの振り付けが好きだったのでそこが移動になってしまったのは残念だけど3人であの振り付けはちょっと難しかったのかな…。
33.UNLOCK
This is KAT-TUN!!って感じの最高のステージでした!炎!!水!!花火!!レーザー!!わけわかんない!!!好き!!!!間奏のところで一瞬無音になることでラスサビに向けてより引き込まれました。早く映像化してほしい。 
34.君のユメ ぼくのユメ
白コートちょっとダs……うーんなんというか私の好みではなかったです。
なんか亀ちゃんの歌い方が嘆願するようなというか祈り乞いするようなというかすごく感情に訴えかけてくる歌い方で圧倒されました。だがしかしUNLOCKの特効のせいで火薬臭が凄かった(本日2度目)。
最後の挨拶、特に印象に残ったのは上田さんの「俺のファンも、他のメンバーが仕事してる時は応援してあげてください」という言葉です。私はオンリー担ではないし基本的にグループ全員が好きだけど、他メンに対してお金を使うっていうことが滅多になかったので、そういうところを見直していかなきゃいけないなぁと考えさせられました。他メンを応援するって難しいですね。
あとちょっと誰の発言か覚えてないんですけど「ファンにも会えないけどメンバーに会う機会も減る」みたいな話をしてた気がするんですけど、私の中のKAT-TUNってそういうことに対して寂しさを覚えたりするイメージではなかったから、意外だったのと同時にファンだけが寂しいんじゃないんだなと気づかされました。
35.GREATEST JOURNY
最終日に上田さんが「お前ら笑えー!!」って言ってくれて、そのセリフにすごく泣かされました。「お前のせいで泣いてんだよ!!!」って逆ギレしながら大泣きしながらなんとか笑ってた気がします。情緒不安定にもほどがある。あとロバ丸が肩組みしたのもこのへんですよね!?ずっとゆっちから肩組みに行ってたのに最後だけ上田さんから組みに行ってたの見て奇声あげました。頑張って振り付け覚えて行ってめっちゃノリノリで踊ってたのにKAT-TUNが一切踊ってなくて笑ったw
36.喜びの歌
「生きてるただそれだけで君と走って行こう」なんて言われたら泣くしかないじゃないですか!?
37.Keep the Faith
ここで来るとは思わなかった!本編でやらなかったからもう無いのかな〜残念だな〜って思ってたらまさかのアンコールせ登場してくれてめちゃくちゃ嬉しかった〜〜
38.Peacefuldays 
グループ名コールするの楽しい!!!
39.PRECIOUS ONE
この世で一番美しい光景でした。
時短がピアノ弾いてる姿を生で見れるってジャニオタ人生でもトップクラスに幸せなことだと信じて疑ってないんですが本当にピアノ弾いてる自担ほど美しい存在ってこの世に存在しないと思います。
あとオーラスでこれ始まる前に3人で自ら回し飲みしてたのがなんといか儀式みたいで神聖すぎて悲鳴すら出なかった……。
40.BRAND NEW STAGE
新曲くるとすぐ高まるタイプのオタクなのでここテンションヤバかったです。
曲調は爽やかですが歌詞に注目してみたら栄光と書いてひかりとか現在と書いていまとか光景と書いてけしきとかめっちゃKAT-TUNっぽかったです。
41.Real Face
トリプルアンコールあった〜〜〜〜っていう嬉しさでまあまあ記憶がないです。
42.Peacefuldays
リアフェ終わって、このままお別れするのは寂しいな〜と思っていたら自然とアンコールのコールが沸いてきて、KAT-TUNがでてきてくれてめちゃくちゃ嬉しかったです。亀ちゃんが「あと20分待って」って言われた時もネタでもこの時間があと20分も続くかもしれないと思うと嬉しすぎて思わず「全然待つ!」って返してたしwいつまで続くかわからない充電期間だって待つんだから20分くらい余裕ですよ。あと上田さんに「あんまり困らせんじゃねーよ」って言われたのめっちゃ沸いた…あの瞬間だけリア恋になった…。ロバ丸がアリーナ一周したのもここだったかな?アリーナ一周走れる体力のある上田さんと、ゆっくり歩いて曲の終わりまでにステージに戻ってこれない中丸さんの対比が面白かったです。っていうか中丸さんこの様子だとマイペースなの反省してないのでは…。
最後の最後にこの曲でいっぱい叫んでいっぱい笑えてすごく幸せな気持ちで終われました。

全体的にはこれぞKAT-TUN!という格好いいステージだったのですが、MC、中丸クリニック、ジャパネット高丸、ボイパコーナーなどのおふざけコーナーもあり面白かったです!こんなに格好良くて面白いステージを本当に8500円で見てしまって良かったのか今でも疑問です。

という具合で割と普通にライブを楽しんでしまったのですが、MCで立ち位置がズレるという話をされる度に心が抉られていましたし、スタトロに1人で乗る亀ちゃんを見てなんとも言えない気持ちになったりもしました。今回が初KAT-TUNの私ですらそうだったんだから4人時代を生で見てきた方は余計そういう気持ちだったのかな、と思います。
少なくとも私はこのステージを見て、今後のKAT-TUNに対する不安みたいなのはほとんどなくなりました。人数が減ってもKAT-TUNであり続けてくれる事、KAT-TUNのイメージをそのまま維持してくれる事を証明してくれるようなステージだったし、3人の言葉から絶対に戻ってくるという意思が読み取れて充電期間に対する不安もなくなりました。
ただ、KAT-TUNの作るステージが最高すぎて今すぐにでもドームに帰りたいし、早くKAT-TUNの演出が見たいし、なんならもう火薬の臭いを嗅がないと満足できないし、こんなに素晴らしいステージが作れるのに充電期間入っちゃうの本当に勿体無いなって思います。だから早く帰ってきてほしいし、次のステージが見れるのを楽しみにしています!

自担のペンライトを作った話

 

 今回はドルオタならみんな大好きペンライトのお話です!

私がジャニーズと同じぐらい好きなものにアイドルマスターというものがあるのですがこのジャンル、ライブ毎にとんでもない数の公式ペンライトが出ることで最近話題です。なぜならアイドルマスターの公式ペンライトは基本的に出演者1人につき1本*1発売されます。今はアイドルマスターミリオンライブ!*2のツアー中ですが今回はツアーを通して総勢37名*3が出演ということで、公式ペンライトも37本(全部買ったら40700円)発売されています。毎回ペンライト代がとんでもないことになりますが、1本ごとにキャラクターがデザインされていてメンバーカラーに光るペンライトはとても素敵でライブの楽しみの1つでもあります。
こういうのジャニーズでもほしい!でも出ない!ならば作ってやろう!と思い立ち、この記事を書くに至りました。
自作ペンライトと言っても、市販のペンライトに自作のシートを入れるだけの簡単なものです。画像容量の制限があるためこのサイトではざっくりとしか説明しませんが、詳しく知りたい方は「ペンライト デコレーション」とかで検索してみると私より上手な方の記事が見つかると思います。
 
では早速作っていきます。
用意するもの
・棒型ペンライト(今回はミックスペンラproMサイズ)
・OHPフィルム
・シートに使用する画像など
・プリンター
 ・イラストソフト(背景透過保存できるものであればなんでもOK) 

 

MIX PENLa (ミックス ペンラ) - PRO M 24C キラキラ

MIX PENLa (ミックス ペンラ) - PRO M 24C キラキラ

 

 

エーワン OHPフィルム インクジェットプリンタ用 ノーカット 10枚 27077

エーワン OHPフィルム インクジェットプリンタ用 ノーカット 10枚 27077

 

 

 

 

 
今回紹介する作り方は棒型のペンライトのみに対応した作り方なので、機会があれば他の形に対応した作り方も紹介できたらな〜と思っています。
 
まず、デザインを決めます。
人によってデザインは様々ですが、イラストや画像の背景を透過、人物のみをシートに印刷するパターンが主流です。ライブロゴを使って公式風にしても可愛いですが、センスがないので諦めました。今回は人物のみを印刷することにします。
とりあえず手頃な画像を探したところジャニショの櫻井さん公式写真がちょうど良かったのでこちらを拝借いたします。
 
ジャニーズのやたら厳しい肖像権に配慮して今後の画像でも櫻井さんの肌・顔・髪は塗りつぶしていますので分かりづらいですがご了承ください。*4

f:id:trprmint0104:20160409005720j:plain

まず写真をスキャンしてPCに取り込み適当なイラストソフト(今回はCLIPSTUDIOPAINTDebutを使用)で開いたら、背景をひたすら地道に消します。マウスでやるのは難しいと思いますのでペンタブか、慣れてる人ならスマホタブレットにお絵描きアプリを入れてそこで作業してもいいかもしれません。
私は塗り残しを分かりやすくするために背景を緑にしているので、緑=透明な部分になります。

f:id:trprmint0104:20160409005834j:plain

ここが1番面倒くさいです。実は今回選んだ画像はここで最大限楽をできる画像を選びました。以下のポイントを押さえた画像だとこの作業が楽になるのです。
・背景が白い
・人物と背景で明暗がハッキリしている
・シルエットがシンプルである
明暗がハッキリしていると背景と人物の境が分かりやすく、シルエットがシンプルだと背景を消すときに簡単です。白背景は多少消し残しがあっても印刷に反映されにくいという点が便利です。
今回の画像は背景が白、対して櫻井さんは衣装が黒で髪も暗めなので明暗がハッキリしており、ポーズもシンプルです。毛先が少し複雑ですがジャニーズなので仕方がないw
そして、切り抜いた画像にペンライトシートの型紙(ネットに落ちてるフリー素材を使用)を統合しサイズを調整したら背景透過したままpng形式で保存します。
 

f:id:trprmint0104:20160413142151j:plain

 
ここまで終わったらいよいよ印刷です。
印刷にはOHPフィルムというものを利用します。リトラで最も売れない文房具として紹介されていた商品と言えば伝わるかな。これが結構お高いので最初にコピー用紙で試し刷りすることをオススメします。試し刷りして問題無かったら本番です。OHPフィルムをプリンターにセットして印刷します。印刷方法はお好みで。私はグレースケール印刷が好きです。カラーだと光の色によって見えにくくなるので最初のうちはモノトーンがオススメです。
印刷したものがこちらになります。
 

f:id:trprmint0104:20160409012811j:plain

 
 
ペダステ*5用に作ったものと一緒に印刷していますので肌や髪の質感の参考にしていただければ幸いです。今回、衣装の質感が印刷で綺麗に出て個人的にとても満足しています!
 
印刷したものを切り抜いてペンライトの筒に突っ込めば完成です、ピンセットを使うと綺麗に入ります。
 

f:id:trprmint0104:20160409012840j:plain

 
 
実際に光らせるとこんな感じになります。
メンバーカラーの赤だと少し見づらいかな…?
 

f:id:trprmint0104:20160409014118j:plain

f:id:trprmint0104:20160409014132j:plain

 
 
ここまで作業時間3時間いかないぐらいでそのうちのほとんどが背景を消す作業にかけた時間です。
 
ちなみに、今回は市販のペンライトを使用したためネットに型紙が落ちていましたが、公式グッズの棒型ペンライト(キンプリ公式ペンライトなど)を使用される方は、その都度似たサイズの型紙を探すか、自分で枠を書くなどひと手間増えてしまうのでお気をつけください。*6市販のペンライトだとターンオン社製のもの(ミックスペンラシリーズ、カラフルサンダーシリーズ)とルイファン社製(キングブレードシリーズ)のものであれば知名度が高いので簡単に型紙を見つけられると思います。
 
 
今回作ったペンライトの著作権・肖像権的なお話。一応私的利用の範囲に収まる程度ではありますが、公式から明確な言及がないため見逃してもらっている状態というのが正しいでしょう(うちわに画像使うのと同じような扱いですね)。なのでこれから作る方も、個人で利用すること、第三者に譲渡・販売しないこと、複数作成しないことの3点を留意してください。
また、市販のペンライトを用いた場合、非公式ペンライトをコンサートに持って行くってどうなの…とお考えの方もいるでしょう。ここまで書いといていうのもなんですが、このペンライトをコンサートに持って行くのは推奨できません。私もコンサートには公式ペンライトを持って行きます。嵐みたくペンライトを自動制御している場合もあるし、指輪型ペンライトとかバングル型ペンライトが公式だと棒型は浮くし、ちゃんと公式ライト買ってお金を落とすって大事だし、あとライブ会場に持って行くと上記の著作権の私的利用がグレーゾーンになるので。また、市販のペンライトと公式ライトでは光量も変わってきます。明るすぎると他の方の迷惑になる*7ので、公式ライトを使用することを推奨します。公式ライトをアレンジしたものを持って行く分にはあまり問題無いですが万が一没収されても自己責任でお願いします。そもそも私アリーナ落ちてるので持って行く現場がないんですけどね!この辺の法律が気になる方は「自作グッズ 肖像権(著作権)」などで検索すると詳しい方の意見が得られると思います。
 
じゃあいつ使うの、なんで作ったのという話ですが、鑑賞会とかカラオケで使おうかな〜と思ってます、カラオケでもペンライト振りまくりコール入れまくりの人間なので使う機会は十分にあります。なぜ作ったのかと言えば単純に「自担のペンライトが欲しかった」だけです!!ザ・自己満足!!!
 
と、ここまで長い上に文字だらけで読みづらくなってしまいましたが、自担ペンライト、特に意味はなくても持ってると幸せになれるので興味があれば1度作ってみてください!

*1:例外もあります。SideMはグループにつき1本だしシンデレラガールズは2ndライブまでは青・黄・ピンクの3本でした

*2:アイドルマスターには本家の他にDS、ミリオンライブ、シンデレラガールズ、SideMなどの派生作品が存在します

*3:37名全員が毎公演出演するわけではなく、公演によっているメンバーは変わります。だいたいSexyZoneならぬだいたいミリオンライブ状態ですがアイマスではこれが普通です

*4:実際はこういうの作ってみたかったという好奇心が8割ですが

*5:舞台「弱虫ペダル」の略称

*6:手元にジャニーズの棒型ペンライトがないのでサイズが分からず申し訳ないです

*7:特にボタン電池ではなく単三電池を使用しているライトは明るいので周りの方の迷惑になります

文体が好きなジャニーズ5選


あんまり憂鬱な記事ばかり書いててもしょうがないので一度やってみたかったジャニーズランキングをやってみました。

私は文字を読むのも書くのも両方好きです。書くと言っても下手の横好きでしかありませんし最近は全く書けていませんが、パソコンには書きかけのプロットがいくつか存在しているし、このブログの下書き欄も相当な量になってきました。そんな私にとって月額324円でジャニーズの方々の文字が読めるジャニーズWebは最高のシステムだと感じています。ジャニーズ事務所のアイドル達が何を考え、何を感じ、それをどのような表現で伝えるのかを見ているのはとても楽しいです。例え同じ内容のお話でも語り口や語尾、行間によって書き手のイメージというのは随分変わってくるものです。たかがWebのブログと言えど綺麗な日本語を使う人には惹かれますし、若いアイドルが若者言葉で書き綴っているのを見ると等身大で安心します。この人がこんなに可愛らしい顔文字を使うなんて!という新発見もあったり、ジャニーズWebさえあれば1日潰せる勢いです。そんな私が文体だけで気になったジャニーズを挙げてみようと思います。とりあえず今回はジャニーズWebでの文章だけで判断します。Webに連載を持っていない方には申し訳ないですが、他の媒体も含めると間違いなく加藤シゲアキさんが1位になってしまうのでw


5位:松本潤(嵐)
彼の文章はギャップ萌えの極みなんじゃないかな。
潤くんが可愛いことはジャニオタの間では周知の事実ですが、パブリックイメージの"松本潤"と実際の"松本潤"の間にあるギャップが顕著に現れているのが彼の文章だと思います。一般人が見たら彼の文章だとは思いもよらないでしょう。絵文字顔文字のチョイス可愛すぎやしませんか?Webからのメールとか、友達かよ!って突っ込みたくなるような距離感がとても可愛いと思います。櫻井さんも「松潤のメールが可愛い」と発言していたので普段からこういう文体なんだろうなと予測できます。潤くんの友達になってめちゃくちゃ可愛いメールで誕生日を祝ってもらいたいだけの人生だった。ところで、彼の「、、」と「。。」と「、、、」と「。。。」の使い分け方が謎すぎて私の一生の研究テーマになりそうです。

やっぱり田口くんが好きだーー!!(鬱)
文章1つ取っても田口くんの優しさが手に取るように分かります。アダルトSIDEとヤングSIDEで「淳之介だよ」「じゅんのすけだよ」を使い分けているところ、語尾の柔らかさ、全部好きです。週2連載なのに毎回それなりに量もあるし今日の一言も継続されていて一回一回の丁寧さも素晴らしい。あと謎の生き物が個人的にとても気に入っています。ペロ男といいKAT-TUNのキャラクターセンスは絶妙ですね。もう少しだけでいいから田口くんの文章を読みたかったです。

3位:岡本圭人(Hey!Say!JUMP)
可愛い。とにかく可愛いの一言に尽きます。
私は岡本圭人くんのことを癒し系キャラだと捉えているのですが*1その解釈の通りほんわかした文章と顔文字のチョイスに癒されます。特に彼の使う擬音語は「ふにゃん」や「ぷらぷら」など、思わず脱力してしまうような可愛さに溢れています。文章からマイナスイオンが放出されているのではないかと思うくらいリラックス効果のある文章なのでイライラしてる時にオススメです。また英国紳士(でいいのかな?)らしい丁寧な言葉遣いは育ちの良さが現れていて好感度だだ上がりです。文章自体は真面目でしっかりしているのに顔文字や絵文字、笑の使用などは現代っ子っぽくてそのギャップが好きです。彼氏にしたい文体ランキング(?)なら間違いなく1位です。
ところで山田くんの登場回数多すぎやしませんか、仲良しなのは知っていましたがこんなに登場するとは…大好きなんでしょうね。

あれ、これ他媒体抜いた意味あった?
小説ではあれだけ魅力的な文章を書く人がクラウドやNEWSRINGでは他のジャニーズと変わらない、いい意味でくだけた文章を書くその様はまさに「能ある鷹は爪を隠す」でそのギャップがなんだかいいなぁと感じていたのですが、最近クラウドInstagramの真似をしたりはてなブログのジャニオタの様なQUARTETTOのライナーノーツを書いたり、様々な表現技法を持ち合わせているところが素晴らしいと思い2位に選ばせていただきました。個人的には加藤さんが三点リーダを「・・・」と表記するところにギャップ萌えを感じています。というのも、小説を書く際のルールで三点リーダは「…」を必ず2つセットで使用するという習わしがあり、実際小説をかじった私はブログやLINEでも「…」を自然に使う癖がついてしまっているので*2、加藤さんが「・・・」を使用しているのは少し意外でした。と、ここまで作家らしくない文章萌えで語りましたが句読点の位置や回数は普段小説を書く人のそれでそういう隠しきれてない作家部分にも激しく萌えを感じます。

1位:福田悠太(ふぉ〜ゆ〜)
私、福田くんのこと全然知らないけど文章で惚れました。
まず最初にコピペの挨拶をしてることもだけどそれをわざわざコピペだと明記してるところがシュールで面白い。彼の文章は特別高度な表現を使っているわけではないけれど、文章のテンポがとても気持ち良くてサクサク読めます。短文をたくさん使っている時と、一文を長く(いい意味で)回りくどく書いている時があり、その使い分け方も巧みでいいなぁと感じます。文のテンションが少し低めなところもツボです。毎回最後に書かれている「〜スペシャル」のセンスも好きです。あぁどうしよう、せっかく1位に選んだのだから詳しく解説したいのですが私の持ち合わせている日本語だと彼の文章が生み出す世界を上手く表現できなくて結局好きとしか言えません。シュールなテンポと少しひねくれた表現が彼の文章の魅力だと思います。私もいつかこういう文章を書けるようになりたいです。

というわけで勝手に選んだ文体が好きなジャニーズランキングでした!せっかく月額324円払ってるので、ぜひ皆さんも自担以外の文章にも目を通してみると楽しいと思います。





ここからは今回の記事と全然関係ない、最近の個人的なお話です。
前回記事の自分痛々しいwでもKAT-TUN10周年は本当に嬉しいし私が見つけるまでKAT-TUNが存在してくれて嬉しいしもっと早いうちにファンになれなかったのは悔しいです。
10ks!も三種全部引き取ってきて家でしっかり鑑賞しました。これだけは言いたい、Hyphen Selectionが名盤すぎます。私が投票した曲は5つ入っていました。新規故に5曲ほどノーチェックで全然知らなかった曲があったのですが、全部とても良い曲で、そんな名曲に出会わせてくれた先輩ハイフンの皆さんに神戸牛配り歩きたい気分です。出会わせてくれてありがとうございます(謎の上から目線)。PVもどれも全部美しくて感動しています…。

番組が1つずつ終わっていって充電期間に入る準備が始まったのだなぁとしんみりしてしまいます。私はGoogleカレンダーでTV・ラジオのレギュラー番組のスケジュール管理をしているのですが、カレンダーを書き換えながら泣いてしまいました。といいつつ精神的には大丈夫なつもりでいたのですが、少プレ終わった日の夜にショックからか39度の熱を出したので結構やられてるみたいです。田口くんに薬代請求したいのでこれ見てたら連絡ください。後続がNEWSで嬉しいです!母がNEWS好きなので親子で楽しもうと思っています。そしてあわよくば母をジャニオタにしようと目論んでいます。Mステ、タメ旅、少プレどれも愛のある演出をしていただいてとてもありがたいと思っています。私がKAT-TUNにハマった当初、少プレやタメ旅を見ては「こんな素晴らしい番組を持てるなんてKAT-TUNは恵まれてるな、KAT-TUN羨ましいな」と散々口にしていたのですが、最後の最後までKAT-TUNを愛してもらってありがたいし、こんなにスタッフさんに愛されるKAT-TUNのことを好きになって良かったと思います。これからどうなるか分からないけどこのタイミングで新曲も来たわけだし、未来は明るいと信じています。とりあえず10ksがどんな風になるのか、不安もあるけど楽しみな部分が大きいです!

*1:JUMPにわかなのでこの捉え方で合ってるかどうかは分からない

*2:2つセットでは使わない辺り微妙な物書きですw

KAT-TUN10周年に寄せて


私は長い間アイドルを応援しているけれど、デビューから今までずっと応援してきた存在は一握りしかいない。ジャニーズに限定してしまえば皆無だ。デビュー前から応援していた人達はみんな事務所を辞めてしまった。だから、デビューからの10年という日々がどれだけ長く、どれだけ重いものなのか、とても想像がつかない。10年といえば自分の人生の約半分だ。しがない一般人の私の人生ですら10年の間に色々あったのだから、アイドルとして駆け抜けて彼らの10年はとても濃いのだろう。それを見守りたかった。もし10年前、彼らに出会えていれば、彼らの魅力に気付けていれば、この10年の重みを感じることができたのだろうか。10周年の今、私の感情を占めているのは「おめでとう」と「悔しい」だ。素直に「おめでとう」と思ってはいるけれど、私の発する「おめでとう」なんて所詮何も知らない人間の言葉でしかなくて、10年見守ってきた人達の「おめでとう」とはかけ離れたものだ。それが悔しい。もっともっと早くから彼らのことを知りたかった。視界には入っていたのに気にも留めなかった自分が悔しい。10年間彼らと一緒に歩んできた古株の人達が羨ましい。彼らと共有している思い出がたくさんあるのが羨ましい。そんな思い出が何一つない自分が悔しい。だから、私はここからの10年をしっかり見守っていきたい。そして10年後、彼らの次の10年の重みを感じることができる日が来れば嬉しく思う。

せっかく彼らが10年の歩みをアルバムにまとめてくれたのだから彼らの10年を少しでも知れることに感謝して鑑賞しようと思う。アルバムで触れることができるのは一部をかいつまんだ早回しの10年だけど、それでも彼らの歩んだ道を知れる私は幸せだと思う。

なんだかお祝いらしくない記事になってしまったが、とにかくKAT-TUN10周年おめでとう。これからの10年は、私も一緒に歩ませてください。

お願いだからアイマスSSA一挙生放送を見てくれ


ジャニーズに関係ない記事ですがどうしても広めたかったので!

3月18日、19日に私が愛してやまないアイドルマスターの2014年に行われたライブ『THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!2014』がニコニコ生放送全編ノーカット放送されます!!2日間に渡って行われたライブですが、18日にDay1、19日にDay2が放送され、どちらもニコニコ動画の会員なら無料で見ることができます。普通に円盤買ったら2万円ほどする映像が!無料で!見れるんです!この機会に是非見てくれれば幸いです!中居さんがCMで歌っていた「お願い!シンデレラ」も披露されています!*1

なぜ私がこんなに熱心に布教するのかというとアイドルマスターのライブはスタッフさんや声優さんの努力のもと、とても完成度の高いものになっているからです。例え特効が使えなくても、トロッコがなくても、それでも人を感動させるライブをぜひ見てほしいのです。
アイマスライブの何がそんなに凄いかというと、
・全編生歌
アイドルマスターは基本的に生歌です。歌いながら激しいダンスをこなすメンバーもいて、そのレベルは「声優ライブ」の枠を完全に超えています。何人かホリプロの子もいるんでもう普通にアイドルです。
アイドルマスターはファンのサイリウム芸も有名です。出てくるメンバーや披露される曲毎に10本以上の公式サイリウム(今回上映されるSSA公演の公式サイリウムは19本出ています)を巧みに使い分け鮮やかなサイリウムの海を作り出しています。特に「Rebellion」の2番サビ「真実の赤」という歌詞のところでそれまで浅葱色だったサイリウムの海が一気に赤に変わるところは感動します。驚きなのはこれが全てファンの手動で行われていることです。自動制御機能付きペンライトなしにも関わらず一斉に色が変わるその光景は感動します。
・セットリスト
2日間に渡って行われたこのライブ、2日でセットリストがかなり違います!半分近くは入れ替わっているんじゃないかな。なので是非両日見ていただきたいです。
・とにかくボリュームが凄い
1日につき42曲(メドレー除いて)、4時間超えというとんでもないボリュームのライブです。これは大人数ライブだからこそなせる業だと思います。
・メンバーが凄い
今回はアイドルマスターアイドルマスターシンデレラガールズアイドルマスターミリオンライブ!、そして2日目スペシャルゲストとしてアイドルマスターディアリースターズと4つの作品からメンバーが集まっています。ジャニーズに例えるとYou&J合同ライブみたいなものです。アイドルマスター8周年ツアーやニコニコ超会議など、作品を越えてメンバーが集まる機会はこれまでにもありましたが、3(スペシャルゲスト含め4)作品から主要メンバーが集結した合同ライブはこれがほぼ初めてと言って過言ではないと思います。もうお祭り騒ぎです。全作品のファンが集まった大変なお祭りです。そんなライブが楽しくないわけがないじゃないですか。

ここまで熱く語ってしまいましたが、アイマスに興味があるかないかは差し引いてもアイドルのSSA公演を無料で見れる機会なんてそうそうないので、ちょっと他のアイドルのライブ覗いてみようかな〜という軽い気持ちで大丈夫です!
今週Mステないし暇をつぶしたい、アイドルの楽しさを思い出したい、何もかも忘れて騒ぎたい、繰り返す躁鬱から抜け出したい…そんな方々は是非以下のリンクを押してください!

*1:残念ながら「Star!」は当時まだ発表されていない為見れませんが…